ドレミファ・バッハ

ピアノ初心者がゴルトベルク変奏曲を弾けるようになるまでの記録(になるはず)

誰にも命の期限はあるんだよね。

パートから帰って来て、いつもなら上着を着たままピアノに向かうのだけど、今日は体調もイマイチで疲れてしまって、「たまには練習休み!」とリビングのTVの前のソファにドカッと座り込んだ。

愛犬Rと愛猫Kが我先にと私の膝の上に乗って来る。今日はRの方が膝の上は諦めて隣にピタリとくっついて座っている。

TVはもちろん大相撲中継

すると、アナウンサーが近畿大学相撲部監督(55歳)の急逝を伝えていた。

朝乃山とか指導していた方だそうである。

55歳なんて若いのに急逝って、持病でもあったのだろうか?

こういうニュースを聞くと、誰だっていつ亡くなってしまうのか、わからないよなあと改めて思う。

病気だけじゃない、事故だって、天災だって、いつ起きるかわからないんだもの。

私の前夫だって、電話で話をした数時間後に交通事故で亡くなっている。

もう20年以上経つけどね、29歳だった。

風邪だって滅多にひかない頑丈な奴だったけど、人ってこんなにあっけなく死んでしまうんだ?!って思った。

命には限りがあるということを、普段は忘れがちだけど、誰かが、特にまだ若い人が亡くなると、時間を大切にしなくちゃなあと思う。

やりたいことをやっておこうっていうのもあるし、家族との関わりにおいても、後悔しない接し方をしようって。

 

という事は、さっき休みに決めたピアノ練習、明日やろうって思っていたけど、やっぱり、今日やっておくべき?

でも、疲れたしなあ。。。

 

© 2019 sobako