ドレミファ・バッハ

ピアノ初心者がゴルトベルク変奏曲を弾けるようになるまでの記録(になるはず)

練習不足なのか?年なのか?

相も変わらず、モシュコフスキー 祭り。

今日は45分間。(時間を計ってみた)

昨日は練習をさぼってしまったので、やっぱり後退しているわけ。

いやんなっちゃうなあ、もう。

サボる私が悪いのだけどさ。

やっぱり和音がね、一発で決まらないというか、揃わないというか、シャキッとしないのよ。

音、間違えるしさ。

それから、途中で指使いを間違えると修正できない。

どうしたらいいかわかんなくなっちゃって、手元を見た後、目を楽譜に戻すと迷子になっちゃう。

どういうことかね?

同じようなフレーズが多いからかなあ?

でもそれなら、もっと弾けてもいいはずだけど?

楽譜をガン見して、手元は見ない!と決めて弾き始めると、飛んだ音を外す。

もう、てんやわんやだ。

 

インヴェンションの方は、モシュコフスキー で疲れちゃって、少し雑だったかなあ。

1番は少しずつテンポを上げて行きたいのだけど、ミスするし。

まだ早いのかな?テンポ上げるの。

4番のネックはやっぱり長いトリル。

グールドの4番は、右手は長いトリルにしていないけど、左手の長いトリルは弾いてるよね。

私、右手トリルはなんとかなるから、左手省いていいかなあ?って、それではいつまで経ってもトリル弾けないじゃん。

グールドは弾けないから弾いていないということじゃないし。笑

でも、今日ひとつ気がついたのよ。

左手のトリルのところさ、右手の指使いも複雑で、右手すらまだ満足に弾けていないということに。

なので、今日は”片手ずつ練習”に戻ってみた。

ついでに、左手トリルは2と3の指に変えてみようかと挑戦。

1と3より良いような気がするんだよね。

この後に及んで試行錯誤中。

ついでに、目覚まし音で学習中の3番も4小節ほど右手練習。

左手で拍を取りながらやってみる。

 

その後、2回くらいシューマンの『子供の情景』(見知らぬ国と人々)を通して弾いて、〆にバッハのプレリュード1番。

HANONはサボった。

明日はやるから、勘弁して。

 

今日は仕事は休みだったから、全部で2時間近くやったよ。

途中昼の休憩を挟んでね。

 

以上。

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

© 2019 sobako