ドレミファ・バッハ

ピアノ初心者がゴルトベルク変奏曲を弾けるようになるまでの記録(になるはず)

小川洋子『測量』とグレン・グールド。

グレン・グールド関連をいろいろ検索しているうちに、小川洋子さんの『不時着する流星たち』という本を見つけた。

実在した人物や事件などをヒントに書かれた10編の短編集。

その第5話のモチーフとなったのが、グレン・グールド

私の大好きな作家とピアニストのコラボなんて、何も考えずにポチるに決まっている。

短編集とは言っても順番通りに読むことがセオリーなのだが、今回は待ちきれず、まず第5話『測量』を先に読んでしまった!

 

目の見えないおじいさんと大学生の孫が、おじいさんの言う「大金持ちだった子供の頃に所有していた広大な土地」を歩数を数えて測量するという話。

おじいさんの頭の中に響く”口笛虫”の音楽や、孫に聞こえる、きっちり数える足音と歩数の音楽が、グールドのピアノを思い起こさせる。

小川洋子さんの描く世界と、グールドのストイックなピアノがピタリと合わさっている感じ。

この物語を、映画で観てみたいと思った。

私の頭の中では、もうすでに、おじいさんと孫が肩を寄せ合って歩く姿に、グールドのピアノが、そう、やっぱりここはバッハがね、聞こえているのだけれど。

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

© 2019 sobako