ドレミファ・バッハ

ピアノ初心者がゴルトベルク変奏曲を弾けるようになるまでの記録(になるはず)

指揮者ってすごい!

NHK『ららら♪クラッシック』で指揮者の仕事についてやっていた。

ちょうど今、DVD『のだめカンタービレ』を見ている途中だったので、自分にとってはタイムリー。

『のだめ』を見る前は、指揮者ってただ指揮棒を振り回していればいい人だとか、オーケストラって指揮者見てるの?っていうイメージしか持っていなかったとても失礼な私。

『のだめ』で指揮に奮闘する千秋先輩を見て、指揮者ってそういうものなのか〜と思い、今回の『ららら♪クラッシック』で、うわあ、指揮者ってそんなに大変なんだ〜ってびっくりした。

 

ある意味、どの楽器を演奏するより優秀でないと指揮者にはなれない。

作曲者の作った曲を理解するために、楽譜を読むのはもちろん、作曲者の日記だとか、出版物だとか、作曲当時の時代背景だとかの、数々の資料を読み、しかも、それらは日本語で書かれているとは限らないときている。

演奏者なら、その作業でその曲や作曲者を理解したら、自分でそれを表現するべく楽器に向かえば良いのだが、指揮者は、そこからまた各パートの奏者にその理解を伝え演奏してもらわなければならない。

しかも、オーケストラの楽器の数、奏者の数は何十にもなる。

それを、限られた時間の中で、理想の演奏に近づけていくのはとても大変だ。

 

番組中で、”聴音”テストを音大指揮科の学生にやってもらっていたが、これがすごい。

ピアノで鳴らした音を、音程、リズムを聴き取って楽譜におこすというもの。

それができないと、オーケストラの中で個々の音を聞き取ることができない。

そういえば千秋先輩も、オケの練習で各パートにダメ出しを的確にして皆に恐れられていたっけね、それは指揮者にとって必須条件なのだね。

 

指揮者に必要なものは、音楽のセンスはもちろん、語学力、コミニュケーション能力などなどいっぱいある。(これに加えて、千秋先輩(玉木宏)のように容姿端麗ともなれば、みんな演奏会に行くよね)

 

とにかく、指揮者ってすごい!

PVアクセスランキング にほんブログ村

© 2019 sobako