ドレミファ・バッハ

ピアノ初心者がゴルトベルク変奏曲を弾けるようになるまでの記録(になるはず)

彼の語る言葉について行けず、奮闘中。

グレン・グールドは語る』という本を読んでいる。

正確にいえば、まだ半分くらいのところ。

 

簡単なエピソードは良いのだが、音楽の知識が乏しい自分にとっては、グールドの語る音楽を理解して楽しめないのだ。

表面的に読むならば読めるのだろうけれども、グールドがどうしてそう思ったのか、そうしたのか、せっかくなら知りたいと思うのに、専門的過ぎて私には「そういうもの?」っていう感じでしか受け止められない。

インタビュー形式で書かれていて、インタビュアーのジョナサン・コットさんも一般向けに噛み砕いた言葉で工夫しているらしいし、訳者の宮澤淳一さんも注釈をいろいろつけてくださっているので、もう少しじっくり腰を据えて読む必要があるのかな。

もっとサラサラっと読んでグールドを知ることができると思っていたので、大間違いだったけれど、もう少し粘って読んでみるよ。

なんと言っても、大好きなグールドを知るためだからね。

 

 

 

 

© 2019 sobako