ドレミファ・バッハ

ピアノ初心者がゴルトベルク変奏曲を弾けるようになるまでの記録(になるはず)

そうか、そうだよね。幸せなことだよね。

ドラマ『G線上のあなたと私』はいつも録画して見ている。

前回の放送は、教室仲間3人で家族を招いてミニコンサートを開くという話だった。

この3人での合奏が叶うまでには紆余曲折があったので、コンサートでそれぞれの思いを語るシーンでは、ホロリとさせられちゃった。

その中で、主人公の也映子さんが、大人の習い事は生活の中での比重が軽く、何かあれば真っ先に削られてしまう、というようなことを言っていて、そうだなぁって共感した。

確かに、ただの習い事。

今さら何者になるでもないわけで、もっと他に優先しなければならないことはたくさんある。

ドラマの中では、仕事だったり、試験だったり、親の介護だったり。

そう考えると、今、自分がピアノの練習ができる、レッスンに通うことができるというのは、とても幸せなことだよね。

子供にも手が掛からなくなって、家族みんな元気で、とりあえず、余分なお金はないけど生活は出来て、いろいろな幸運が重なって、好きなことができる自分の時間を持てるのだから。

この幸せを噛みしめて、練習に励まねば!と今日もショパンに悪戦苦闘したのだった。

 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

© 2019 sobako