ドレミファ・バッハ

ピアノ初心者がゴルトベルク変奏曲を弾けるようになるまでの記録(になるはず)

ピアノレッスン2回目。先生の前での演奏って。

練習不足のまま先生のところに行くのはとても気が引けたけれど、休むわけにもいかないしね、恥を忍んで行ってきた。

 

とりあえず、行く前にも小一時間ほど練習はしてみたけど、付け焼き刃なのには変わりなく、先生の前ではボロボロだった。

 

そして「緊張しちゃったね?」と先生に言われる。

自分では緊張している気はあまりないのだが、練習で弾けていた部分でさえもボロボロなので、おそらく緊張しているのだと思う。

緊張していることに気がついていないところがもはや、緊張しまくりなのだろう。

先生がいろいろお話をしてくださって、緊張をほぐしてくれたりするが、もともと練習不足なので、全くうまく弾けず申し訳ない。

しかしそんな中でも、ハノン第39番ハ長調は、片手ずつゆっくりやっているうちに、両手でもなんとかいけるようになったのは嬉しかった。

練習では両手では指使いが途中でおかしくなって、指が余ったり、足らなくなったりだったのに。

やはり、慌てずゆっくりじっくりやることが大事だね。

 

♪ 今日の注意ポイント。

弾く姿勢。

背中をピンとして、腕の重さで弾くこと。

手首をまっすぐ。(コインを甲に乗せて練習)

スケールは特に、肘から移動、体も移動。

音の粒を揃えて。

 

♪ 次回の課題

①ハノン 第39番 ハ長調

ショパン ワルツ第3番 

 

 

亀のような進み具合だけど、弾くのが楽しいことに自分でも驚いている。

がんばるよ。

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

© 2019 sobako