ドレミファ・バッハ

ピアノ初心者がゴルトベルク変奏曲を弾けるようになるまでの記録(になるはず)

弾けもしないのに、買ってしまう楽譜。

朝の目覚ましソングに、『シューベルトの楽興の時 第4番』をセットしている。 とても、軽快な最初の部分がとても好きで、気持ちよく目覚めることができる。 そして、一日中、頭の中をグルグル曲が流れるという事態になる。笑 ネットでこの曲の難易度を調べ…

大人から始めるピアノって。

私の場合、大人から始めたというわけではない。 小学生の時に期間で言えば6年間くらい習っていたと思うのだが、あまりにも練習しなさ過ぎでどこまで練習が進んでいたのか、当時使っていた楽譜さえ残っていないので、全くわからない。 唯一の手がかりは、『…

グランドピアノ貯金に臨時収入が!!!

夫が満面の笑みをたたえて、 「ちょっと、お願いがあります!」 キタキターーーっ 「何でしょうか〜?お金ならありません〜〜〜」 とお返事すると、 「欲しいものがあります〜」 やっぱり、キターーーーっ ゴルフクラブ(ドライバー)が欲しいのだそうだ。 …

人生が終わるまでに弾けるようになりたい曲。

先生に、次に弾きたい曲を考えてくるように言われている。 私が希望曲を提示して、先生がどれにするか決めてくれるという。 しかしなあ、私の弾きたい曲といえば、どう考えても技術が追いつかない気がするんだよね。 弾きたいなあ!と思わせる格好いい曲って…

仕上がるのか?これで。

他の人のブログを読んでいると、みんな、素晴らしいんだよね。 何が素晴らしいかって言うと、こう弾きたいとか、ああ弾きたいとか、表現することに悩んでいらっしゃる。 もう2ヶ月も取り組んでいるショパンのワルツ第3番は、音符を追うのが精一杯で(という…

誰にも命の期限はあるんだよね。

パートから帰って来て、いつもなら上着を着たままピアノに向かうのだけど、今日は体調もイマイチで疲れてしまって、「たまには練習休み!」とリビングのTVの前のソファにドカッと座り込んだ。 愛犬Rと愛猫Kが我先にと私の膝の上に乗って来る。今日はRの方が…

ピアノと同じくらい未練タラタラなもの。

子供の頃に習っていたピアノ。 練習が嫌でやめてしまったものの、事あるごとに、弾けたらなあって思ったりしながら45年が経ち、ようやく令和元年に再びレッスンに通うことになったのだった。 そして、そのピアノと同じくらいに私の人生の中で未練タラタラ…

在宅ワークのセミナーに行ってみた。

グランドピアノ欲しい熱が日に日に募っているものの、その思いとは裏腹にピアノ貯金は全く増えていない。 ピアノの練習をしたいので、家でできる仕事だと時間が自由に使えていいなあと思って、以前から在宅ワークに興味はあったのだが、どんな仕事があるとか…

やってやれないことはない!んだね?よし!

他の人のブログで、ラ・カンパネラを弾く漁師のおじさんのことを知った。 YouTubeで見ることができるかなあと思って探したら、即見つかった。 ピアノを弾いたこともないおじさん(当時52歳)がフジ子・ヘミングをTVで見て、ラ・カンパネラを弾きたい!と一念…

ピアノレッスン5回目。指が短い問題。

今朝は早く起きてバッチリ練習してからレッスンに出かけようと思っていたのに、不覚の2度寝。 目覚ましをかけた時間より、小一時間早く目が覚めて、そこで起きればよかったものの、あと少し。。。と思ってしまったのがいけなかった。 結局15分くらいしか…

あーん、負けちゃったよぉ!!

昨日から大相撲が始まって、ピアノ練習時間の確保を考えねば。。。と思っているところ。 今日は私の応援する宮城野部屋の白鵬と炎鵬の2人が負けてしまって、超残念。 今日の解説が舞の海秀平氏であることも、悔しさに拍車をかける。 彼は白鵬に厳しいし、少…

1度聞いたら頭から離れない。

最初は何となく好きではなかったショパンのワルツ第3番。 だけど少し弾けるようになってきてからは、少しずつ好きになってきたという話を以前書いた。 が、今日、気づいたことがある。 “好き”な曲は最初に聞いた時から“好き”であるってこと。 私がとても楽…

夜な夜なYoutubeを見てしまう。

グランドピアノ欲しい熱は全く覚める気配がない。 楽器屋さんに見に行きたいなあと思うのだけど、お金もないし、完全に冷やかしに行くようなものだし、見て触れば益々欲しくなるのはペットショップのペットと同じ。 つい、勢いでローンを組みそうなので危険…

すでに4分の1が餌食になった、くそっ。

鳥との戦いが続いている。 piano.sobakosan.com 鳥はどうやって食べているのだろう? 昨年はひとつも食われなかったのだが、今年と違うことは、柿の干し方。 昨年は、洗濯ハンガー(洗濯バサミのついたやつ)にビニール紐で吊るしたのだが、今年は物干し竿に…

若返りの秘薬。

YouTubeを見ていたら、化粧品の広告動画が始まった。 魔法のしずく、これ一滴で20歳若返る! こんなような内容だった。 私、ずーっと思っていたことがある。 若返らなければいけないのか?と。 シミやシワがあったらダメなのか?と。 60、70、80歳に…

この調子でいったい何曲弾けるようになるのか?

いつからショパンのワルツ第3番を練習してるっけ?とブログをさかのぼって行くと、11月13日にワルツ集の楽譜を買った、とある。 ということは、かれこれ2ヶ月、第3番を練習していることになる。 しかもまだ曲の最後まで辿りついていないという状況である…

炎鵬に(そして私にも)ピッタリな広告。

何を隠そう私は、曲げがまだ結えない頃からの炎鵬関(前頭五枚目)の大ファンである。 上手いけれど、あの小さな体では上に上がれるのかなあって思っていたけれど、あれよあれよという間に幕内力士になって、NHKの大相撲取組配信サービスの再生回数が全取組の…

狙われた干し柿。

先日干したばかりの渋柿が、もう、鳥に食われてしまった。 piano.sobakosan.com 今朝、ベランダからボタッ!という鈍い音がして、何だろうと見てみたら、柿がひとつ転がっている。 よく見たら食われた後が。。。 吊るしてある柿もチェックしたら、他にもいく…

100万円のお年玉

100万円のお年玉が当たったらもちろん、グランドピアノ購入資金にするよ。 夫が「前澤さんがまたこんなのやってるよ。」って教えてくれた。「グランドピアノ買えるじゃん。」って。 マジで当たりたい。 選んでもらう為に、どれだけグランドピアノに憧れて…

クラッシック以外の曲もイイね。

NHK「駅ピアノ」「空港ピアノ」を見ていると、クラッシック以外の曲もイイなあと思う。 特に、周りを巻き込んで歌ったり合奏したりできると、とても楽しそう。 特にヨーロッパは、いろんな国の人たちがいて、ストリートピアノを弾く人がよく言うのは、「音楽…

夫婦で共同作業に勤しむ休日。

今日は、6連勤後ようやくの休日。 午前中は箱根駅伝をTVで見て、午後からは夫と二人で干し柿を仕込んだ。 ネットで渋柿を購入しての干し柿作りは、昨シーズンに続き2年目。 今年は、干し柿クリップなるものを使ってみた。 洗濯バサミ的な要領で柿のヘタ部…

初弾き。

息子がサッカー少年団に入っていた時、年が明けて初めての練習のことを『初蹴り』と言っていたのを思い出した。 それに倣って言えば、今日は私にとって『初弾き』だった。 大晦日、元旦と仕事が忙しすぎて、どうにも弾く気になれなかった。 2日間も弾かない…

謹賀新年2020

2020年の目標はふたつ。 ひとつは、丁寧に暮らすこと。 これは昨年の私のテーマだったのだけど、だんだん尻切れトンボになってしまったので、今年もう一度リベンジ。 というか、これは生涯のテーマでもいいんだけどね。 もうひとつは、ピアノ。 弾ける曲を増…

2019年の私を総括してみる。

NHK紅白を観ながら書いている。 令和元年。 私にとっては、ピアノ再開元年。 この年になってから、こんなに一所懸命になれる趣味に出会えるとは思ってもいなかった。 ピアノを弾けるようになりたいが為に、健康で長生きしたいと思うようになったのだから、相…

ひとりでは弾けないけど、弾きたい曲。

『のだめカンタービレ』のDVDを見ていたら、弾いてみたい曲がまたひとつ増えた。 モーツァルトの『2台のピアノのためのソナタ ニ長調 K448-1』 でもこれ、タイトル通り2台のピアノで弾く曲なのよね。 相棒が要るってわけ。 ピアノ友達いないしなあ。 ピア…

失敗して落ち込んだ時にどうするか?

仕事で失敗をした。 割引券を打ち間違えて、高額違算(¥1800)を出してしまった。 なぜそんなことになってしまったのかわからない程あり得ないミスで、すっかり意気消沈。 その時、思いっきりピアノを弾きた〜い!って思った。 ピアノ弾いてる時って、夢中にな…

それでも一応ピアノの前に座ってみた。

今日の食品レジはやっぱり長蛇の列だった。 1万円越えは当たり前、みんな湯水のようにお金を使ってた。 カニだの、高級蒲鉾だの、おせちセットだの、みんな買う買う。 いいなあ、みんなこれから9連休の正月休みだもんね。 コタツに入って紅白やら駅伝やら…

2019年最後の休日に物申す。

いよいよ今日は今年最後の休日。 クリスマスが終わってほっとしたのも束の間、明日からは、怒涛の年末年始営業突入である。 私はスーパーの食品レジでパートで働いている。 毎年、元旦から年中無休で開店している店なのに、みんな年末にたんまり買い込んだに…

脱力感あり!

はじめは独学でがんばろうと思っていたピアノだけど、やっぱりレッスンに通ってみようと始めて4回が過ぎた。 自分では気づかないことが満載なので、本当に通い始めてよかったと思っている。 この間も、HANONの音階練習で、左手に力が入っていることを指摘さ…

小川洋子『測量』とグレン・グールド。

グレン・グールド関連をいろいろ検索しているうちに、小川洋子さんの『不時着する流星たち』という本を見つけた。 実在した人物や事件などをヒントに書かれた10編の短編集。 その第5話のモチーフとなったのが、グレン・グールド。 私の大好きな作家とピア…

© 2019 sobako