練習の最後のお楽しみ。

2021/12/29

ピアノな日々

この記事をシェアする
  • B!

ここ最近は、発表会の曲しか練習していない。

うまく弾けないとはいえ、とりあえず、ゆっくりなら最後まで通して弾けるようになってきた。

私には、毎回、練習の最後のお楽しみがある。

それは何かというと、フランス組曲5番アルマンドをハープシコードで弾くこと。

もちろん、本物のハープシコードではないよ。

KAWAIのC880Fにつけたアサヒピアノの消音システムの中にあるハープシコードの音だ。

これが、とっても良くてね。

バッハ弾いてる感が増すよね♪

ピアノもいいけど、ハープシコードとか、クラヴィコードとか、やっぱりバッハに合ってる。

ネットで検索すると、クラヴィコードのキットとかあるのねえ。びっくり。

自分で作るなんて、面白そう♪

クラヴィコードは蓋を閉めれば平らな机みたいだから、なんか、便利そうよね。笑

ハープシコードとクラヴィコードでは音が違うけど、どちらも大好き。

いつか、弾いてみたいなあ〜〜。



▼ランキングに参加しています。▼
ポチッと応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 クラシックブログへ

記事の検索はこちらから♪

sobakoからのお知らせ♪

■2021年12月某日
今、HTMLやCSSの本を読んでブログデザインを勉強中。
で、結局、レンタルサーバーを借りたりしちゃった♪
そのうちまた、引っ越しが始まるかも。笑

ドレミファ・バッハについて♪

ゴルトベルク変奏曲を弾けるようになるまでの記録(になるはず)☺︎

Twitterで更新のお知らせをしています。

ランキングに参加しています♪

ポチッと応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 クラシックブログへ

お気に入りの1枚♪

お気に入りの1枚♪
幼少のGlenn Gould

書いてるひと♪

自分の写真
45年ぶりにピアノレッスンを再開しました。 夢はバッハの『ゴルトベルク変奏曲』全曲制覇。 グレン・グールドをこよなく愛すピアノ2年生です。

sobako宛メッセージはこちらから♪

名前

メール *

メッセージ *

ドレミファ・バッハのアーカイブ♪

QooQ