アップライトピアノに消音機能をつけてみた感想。

2021/12/15

アップライトピアノ

この記事をシェアする
  • B!

今回購入したKAWAIのアップライトピアノC-880Fには、サイレント機能をつけてもらった。

タッチが変わると聞いていたので、今までサイレント機能については考えてなかったのだけど、

私がつけてもらったものは非接触型光センサーだということで、まったく違和感なく弾ける。

これは、ピアノ屋さんに行ったときにサイレント機能付きピアノも試弾して知った。

と同時に、絶対付けてもらおう!と決めた。

メーカーはアサヒピアノ、「PIANO SILENCER Classic V2」というサイレントシステム。

PIANO SILENCER Classic V2

最先端のデジタル技術で消音機能を実現。 高いクオリティーで自由な演奏を心おきなく楽しめます。

ピアノのサンプリング音源はなんとあのファツオリだ!(HPでサンプルサウンドを聴くことができるよ)

テンションあがるよね~。

これで、いつでも心置きなく弾ける!って思ってたんだけど、意外に打鍵音って大きいのね。

本来の生音が鳴ってるときには気にならなかったのに、サイレントにすると途端にめちゃくちゃうるさい。

これでは、集合住宅とかでのアコースティックピアノは、ピアノの音以前に、打鍵音が響きそうだなあと実感。

幸いにも一軒家に住む身だけど、なんと隣の部屋は姑の部屋。

20:00には寝てしまう姑なので、夜練習はサイレントついててもやっぱり無理だな~。

まあ、昼間、2小節とかのひたすら繰り返し練習とか、そういうときにはサイレントでとことんできるから無駄ではないけど。

それに、音色が10個あって、その中のハープシコードがめちゃくちゃいいのよ。

バッハがね、とても気持ちよく弾けるの。

ああ、やっぱりこの時代の曲なんだなあってしみじみ感じたよ。



▼ランキングに参加しています。▼
ポチッと応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 クラシックブログへ

記事の検索はこちらから♪

sobakoからのお知らせ♪

■2021年12月某日
今、HTMLやCSSの本を読んでブログデザインを勉強中。
で、結局、レンタルサーバーを借りたりしちゃった♪
そのうちまた、引っ越しが始まるかも。笑

ドレミファ・バッハについて♪

ゴルトベルク変奏曲を弾けるようになるまでの記録(になるはず)☺︎

Twitterで更新のお知らせをしています。

ランキングに参加しています♪

ポチッと応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 クラシックブログへ

お気に入りの1枚♪

お気に入りの1枚♪
幼少のGlenn Gould

書いてるひと♪

自分の写真
45年ぶりにピアノレッスンを再開しました。 夢はバッハの『ゴルトベルク変奏曲』全曲制覇。 グレン・グールドをこよなく愛すピアノ2年生です。

sobako宛メッセージはこちらから♪

名前

メール *

メッセージ *

ドレミファ・バッハのアーカイブ♪

QooQ