アップライトピアノ KAWAI C-880F レビュー♪

2021/12/07

アップライトピアノ

この記事をシェアする
  • B!

KAWAI C-880F インテリアピアノと呼ばれるだけある。

さて、いよいよ新しいピアノがやってきたよ!

取り急ぎ撮ったものだから、大人の事情で(どんな?笑)生活感ありありなものまで写ってしまい見苦しくて申し訳ない。(そのうち撮り直すので勘弁して)

1年落ちの中古ピアノを注文したはずが、急遽、ピアノ屋さんがお値段そのままで新品に代えてくれることになったので、本当に昨日が初対面。
木目のピアノだから、外観はどうかな?とか、
弾きやすさで決めたから、変わりないかな?とか、
音も、試弾したピアノは結構クリアで好みだったので、どうかな?とか、
実はちょっぴり不安もあったんだけど、
どれも問題なくてほっとしたよ。

高さは115cmでコンパクト!
幅154cm、奥行60cmは他のアップライトと変わらないかな。
でも背が低いというのは、圧迫感がない!
色も黒ではなくバーチ半艶塗装仕上げだから、部屋に自然と溶け込む。

「ファインアイボリー白鍵」と「ファインエボニー黒鍵」

鍵盤は、YAMAHA C1Xの黒鍵(黒檀調天然木)がすごく気に入ってたんだけど、まあ、仕方ない。
でもKAWAIの鍵盤も、

さらに、指先とつながるような一体感を目指した「ファインアイボリー白鍵」「ファインエボニー黒鍵」。演奏者とピアノの唯一の接点である鍵盤。カワ イはその感触と機能性にこだわり、独自の素材を開発しました。それが「ファインアイボリー白鍵」と「ファインエボニー黒鍵」です。

これは今 では輸入が禁止されている象牙(白鍵)、希少性の高い黒檀(黒鍵) といった理想的な鍵盤素材に非常に近い感触を再現した素材。感触がナチュラルで弾き心地が良く、さらに吸水性があるため汗を吸収しミスタッチを防ぐ効果も あります。この素材を使用したカワイの鍵盤はタッチを追求する世界的なピアニストたちからも高い評価を得ています。(〜KAWAI HPより)

ということで、なかなか弾き心地いい感じよ。


YAMAHAと比べると、少し角がない?丸い?印象。
細っそりスマートな気もする。
二つ並べてみたわけではないので、うーん、私の感覚でしかないのだけど、ピアノの先生のKAWAIのグランドもそんな感じがするし。

鍵盤蓋が変わっていておもしろい

蓋を2段階で開ける仕様なのはおしゃれで面白い。(っていうか、今までソフトランディングだったんで、ちょっと面倒といえば面倒だけど。笑)
こんなふうに閉まっているところから…

このように半分折り返して…の、



ようやく全開。
装飾の取っ手が素敵でしょ?
閉めるときはこれを引っ張るのだ。
面倒で開きっぱなしになるのではないかと心配。笑

インテリアピアノはやっぱり素敵でテンション上がる〜♪

楽譜たては横に広くて、これなら、横に長い楽譜もOKよ。
装飾はあらゆるところでいちいち可愛い。
楽譜たて然り、鍵盤ぶたの取っ手然り、猫足に至っては椅子もお揃いの脚!
キャスターは真鍮だしね、素敵。
こんなピアノなら、もしももしも、万が一にでも、ピアノを弾くことがなくなっても、部屋に飾っておきたくなる、まさしく、インテリア?ピアノだわねえ。
黒いピアノだと、ただただ邪魔な置き物になってしまう、もしくは、「物置棚」になるところだ。
まあ、私は、ずっと弾くから、心配は御無用だけど。
眺めているだけでもテンションが上がるピアノ、やっぱり、いいねえ。
超おすすめ。

最後に私の拙い演奏で、音をお聞きあそばせ。笑
iPhoneをそのままピアノに直置き撮影だから、参考になるかどうか疑問ではあるが。




 

▼ランキングに参加しています。▼

ポチッと応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 クラシックブログへ

記事の検索はこちらから♪

sobakoからのお知らせ♪

■2021年12月某日
今、HTMLやCSSの本を読んでブログデザインを勉強中。
で、結局、レンタルサーバーを借りたりしちゃった♪
そのうちまた、引っ越しが始まるかも。笑

ドレミファ・バッハについて♪

ゴルトベルク変奏曲を弾けるようになるまでの記録(になるはず)☺︎

Twitterで更新のお知らせをしています。

ランキングに参加しています♪

ポチッと応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 クラシックブログへ

お気に入りの1枚♪

お気に入りの1枚♪
幼少のGlenn Gould

書いてるひと♪

自分の写真
45年ぶりにピアノレッスンを再開しました。 夢はバッハの『ゴルトベルク変奏曲』全曲制覇。 グレン・グールドをこよなく愛すピアノ2年生です。

sobako宛メッセージはこちらから♪

名前

メール *

メッセージ *

ドレミファ・バッハのアーカイブ♪

QooQ