意外にも理解を示してくれたのは…。

2021/11/09

グランドピアノ ピアノな日々

この記事をシェアする
  • B!

グランドピアノを買い替えたいという事を、自分の中で決めてからも、なかなか夫や息子に言い出せなかった。

そりゃあ、あんなに大騒ぎして購入したのに、買い替えるなんて、何を言われるかわからない。

でも、内緒にしておくにはモノがデカすぎる。笑

ある日の夕飯の時に、思い切って話を切り出した。

息子は「なんで〜〜……。」と絶句。

予想外にめちゃくちゃガッカリしている様子。

なぜに?

そして、これまた予想外に理解を示してくれたのは、夫だった。

夫はゴルフにご執心なのだが、ゴルフ道具の話をしてくれた。

「良い道具」というのは繊細で、使い手の微妙な技量を反映するのだそうだ。

上手い人が使えば、その人の思う通りのコントロールで距離も方向も飛ばせるのだ。

しかし、下手な人が使うと、下手さ加減を補ってくれないどころか、打球が安定せず散々な結果となる。

なので、いきなり「良い道具」を使うのではなくて、最初は自分のレベルに合った道具を使い、徐々にランクアップしていった方が、早く上達できるらしい。

へえ、そんなもんかねえ。

まあ、ピアノに当てはまるのかどうかはわからないけれどね。

私の場合は、技術的なことよりも(まあ、全く追いついていないけどさ)、精神的な面の方が大きかったので。

ただ私は、「ピアノを買って、趣味で始めたのよ〜」って、周りの人になんの気兼ねもなしに言いたかっただけなのだ。

 

記事の検索はこちらから♪

sobakoからのお知らせ♪

■2021年11月27日■
ようやく、全ての記事のリダイレクトができるようになりました。
これで、はてなブログのアドレスからでもbloggerに飛んで来れるようになったので、ほっと一息です。

▼はてなブログの時にいただいたコメントは、上手くインポートができなかったものもあり、申し訳ないです…。

ドレミファ・バッハについて♪

ゴルトベルク変奏曲を弾けるようになるまでの記録(になるはず)☺︎

Twitterで更新のお知らせをしています。

ランキングに参加しています♪

ポチッと応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 クラシックブログへ

お気に入りの1枚♪

お気に入りの1枚♪
幼少のGlenn Gould

書いてるひと♪

自分の写真
45年ぶりにピアノレッスンを再開しました。 夢はバッハの『ゴルトベルク変奏曲』全曲制覇。 グレン・グールドをこよなく愛すピアノ2年生です。

sobako宛メッセージはこちらから♪

名前

メール *

メッセージ *

ドレミファ・バッハのアーカイブ♪

QooQ