ピアノの査定額にも、コロナの影響が。

2021/11/07

あれやこれや グランドピアノ

この記事をシェアする
  • B!

前回、ピアノの一括査定をお願いしてみたことを書いた。

下は70万円から、最高135万円まで。

このことを先日、次のピアノ購入のために試弾に行った楽器屋さんに話してみた。

すると、現在、コロナの影響で工場がストップし、新品ピアノがなかなか納品されない状態で、店も客も困っているのだという。

確かに、私が買いたいなと思っているYAMAHAのYF101Cもどこに聞いても1年半待ちだと言われている。

それで、中古でもいいか〜と思って試弾にやって来たのだった。

そしてそういう人は私だけではなくて、「中古で〇〇はないか?」というような問い合わせが殺到しているのだという。

私はただの趣味のおばさんなので急いではいないからいいんだけど、音大に行きたいとかいう御子息をお持ちのおうちは悲鳴をあげているらしい。

確かになあ。

で、楽器屋さんが、130万円という高額買取というのは、おそらく、買い手がついている、それでなくても、楽器店に現物があるのとないのでは客寄せにも影響するから、楽器屋さん自身が欲しいということだろうって。

それで、その高額買取も、半年くらいして流通が戻ってくるまでの期間だろうって。

売るなら、早く売った方が徳ですよって。

うわ〜そうなのか〜。

善は急げ?的な感じ?

 

 

 

 

▼ランキングに参加しています。▼
ポチッと応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 クラシックブログへ

 

 

 

記事の検索はこちらから♪

sobakoからのお知らせ♪

■2021年11月27日■
ようやく、全ての記事のリダイレクトができるようになりました。
これで、はてなブログのアドレスからでもbloggerに飛んで来れるようになったので、ほっと一息です。

▼はてなブログの時にいただいたコメントは、上手くインポートができなかったものもあり、申し訳ないです…。

ドレミファ・バッハについて♪

ゴルトベルク変奏曲を弾けるようになるまでの記録(になるはず)☺︎

Twitterで更新のお知らせをしています。

ランキングに参加しています♪

ポチッと応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 クラシックブログへ

お気に入りの1枚♪

お気に入りの1枚♪
幼少のGlenn Gould

書いてるひと♪

自分の写真
45年ぶりにピアノレッスンを再開しました。 夢はバッハの『ゴルトベルク変奏曲』全曲制覇。 グレン・グールドをこよなく愛すピアノ2年生です。

sobako宛メッセージはこちらから♪

名前

メール *

メッセージ *

QooQ