アコースティックピアノで感じられる、電子ピアノにはない音。

2021/10/22

ピアノな日々

この記事をシェアする
  • B!

母の葬儀以来、ピアノ教室から遠ざかっているものだから、なんとなく好きな曲を弾き散らかすばかりで、次に練習する曲がなかなか決まらない。

この間、ご近所で同じ教室に通っているTさんが、自宅に成ったという柿を持ってきてくれた時に、「発表会、どうします?」と言うので、ああ、去年の同じ頃、発表会の選曲に悩んでいたなあ、もう一年経ったのかと思うと、本当に大人の時の経つのは早い。

Tさんは、「ピアノが楽しくて仕方なくて、発表会も頑張ろうと思ってるの。sobakoさんが誘ってくれたから、私本当に感謝してるわ!」って、とても生き生きとお話されるのを聞いて、こちらまでハッピーになった。

さあ、私もがんばらなくちゃね!

でも、近所の人と同じ発表会に出るのって、なんだかちょっと恥ずかしいなあ。

まあ、私の実力は、ダダ漏れの普段の練習でバレバレだけどさ。

Tさんは一体どれくらいの実力の持ち主なのかわからないし。

でも、コンクールじゃないので、他人と比べるものでもないしね、発表会は自分のそれまでの成果を発表する場所だから。

 

最近は、バッハの小プレリュードを少し練習しようかなあって、パラパラ楽譜をめくって最初の部分を弾いてみたりしている。

で、今日、その本の最初の曲「12の小プレリュード、初歩者のための練習」の1番を弾いてみて、ちょっと感動した。

それは、写真のピンクの音。

タイで繋がっていて、永遠に鍵盤を抑えっぱなしのところ。

私の弾き方がゆっくりテンポなので、最後の方は左手の音自体がと〜っても小さくなってしまうのだけど、右手の弾く音に左手の音の弦が反応して、ブワ〜っと音が鳴る時があるのよ。

倍音ってやつだね?

一つの音を弾いた時に響く弦は一つじゃないってこと。

共鳴するんだよね。

もうね、ああ、私、アコースティックピアノ弾いてるのね〜〜って幸せ感まで倍になる。

でもさ、こういうのは、この楽譜のような時だけじゃなくて、ピアノを弾けば常に響いているはずで、普段から、気づかなくちゃいけないんだと思う。ううう。

弾くのに必死で、微妙な音の変化に気づいている余裕がない。。。

まあ、そのうち、いつかは……ね。

 

 

▼ランキングに参加しています。▼
ポチッと応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 クラシックブログへ

 

 

記事の検索はこちらから♪

sobakoからのお知らせ♪

■2021年11月27日■
ようやく、全ての記事のリダイレクトができるようになりました。
これで、はてなブログのアドレスからでもbloggerに飛んで来れるようになったので、ほっと一息です。

▼はてなブログの時にいただいたコメントは、上手くインポートができなかったものもあり、申し訳ないです…。

ドレミファ・バッハについて♪

ゴルトベルク変奏曲を弾けるようになるまでの記録(になるはず)☺︎

Twitterで更新のお知らせをしています。

ランキングに参加しています♪

ポチッと応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 クラシックブログへ

お気に入りの1枚♪

お気に入りの1枚♪
幼少のGlenn Gould

書いてるひと♪

自分の写真
45年ぶりにピアノレッスンを再開しました。 夢はバッハの『ゴルトベルク変奏曲』全曲制覇。 グレン・グールドをこよなく愛すピアノ2年生です。

sobako宛メッセージはこちらから♪

名前

メール *

メッセージ *

QooQ