グレン・グールドのモーツァルト。

2021/10/04

グレン・グールド ピアノな日々

この記事をシェアする
  • B!

いつも、BSプレミアムの『クラッシック倶楽部』を録画して見ている。

今朝は、松田華音さんというピアニストのリサイタル。曲目はモーツァルトのピアノソナタK.333とラフマニノフの楽興の時。

モーツァルトがとっても軽やかで心地よくて、在宅ワークをやりながらのBGMに持って来いだった。

ふと、もしかしたら、グールドのCDにもあったかも!と思い立ってK.333を探したら、あった、あった!早速聴いてみる。

あれれ〜〜、なんじゃこりゃあ〜〜〜。

そうだった、グールドのモーツァルトは物議を醸し出していたんだっけ。

第1楽章は軽やか通り越して、超高速、元気いっぱい!在宅ワークも超特急で仕上げられそう!笑

ん〜〜、やっぱりモーツァルトはもうちょっと優しく明るく軽やかな方がいいかなあなんて、思いながら聞いていたんだけれど、第2、第3楽章と進むにつれて、あれまあ、気にならなくなってきた。

まあ、もともと、グールドのピアノが大好きだから、自然と受け入れてしまうのかもしれないねえ。苦笑

 

でもちょっとだけ、優しいモーツァルトもグールドの演奏で聴いてみたかったなあ。

だって、グールドのバッハ演奏の中で時折響く優しい音色がとても素敵なんだもの。

本当に、優しい音を出すんだよ。

 

 

▼ランキングに参加しています。▼
ポチッと応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 クラシックブログへ

 

 

 

記事の検索はこちらから♪

sobakoからのお知らせ♪

■2021年11月27日■
ようやく、全ての記事のリダイレクトができるようになりました。
これで、はてなブログのアドレスからでもbloggerに飛んで来れるようになったので、ほっと一息です。

▼はてなブログの時にいただいたコメントは、上手くインポートができなかったものもあり、申し訳ないです…。

ドレミファ・バッハについて♪

ゴルトベルク変奏曲を弾けるようになるまでの記録(になるはず)☺︎

Twitterで更新のお知らせをしています。

ランキングに参加しています♪

ポチッと応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 クラシックブログへ

お気に入りの1枚♪

お気に入りの1枚♪
幼少のGlenn Gould

書いてるひと♪

自分の写真
45年ぶりにピアノレッスンを再開しました。 夢はバッハの『ゴルトベルク変奏曲』全曲制覇。 グレン・グールドをこよなく愛すピアノ2年生です。

sobako宛メッセージはこちらから♪

名前

メール *

メッセージ *

QooQ