I met him at the Amazon.

2021/09/23

グレン・グールド

この記事をシェアする
  • B!

『ゴルトベルク変奏曲』に出会ったのが2015年。きっかけは清水靖晃&サキソフォネッツ。

その後、この曲の虜になって、色々な楽器の演奏曲を購入した。弦楽器、ピアノ、アコーデオン、オルゴール、などなど。

その中でもピアノではいろいろな人の演奏があり、当時の私はピアニスト自体もあまり知らなかったので、さて、誰の演奏にしようかなあってAmazonを彷徨っていた。すると、ゴルトベルクならグールドでしょ、みたいな、そんなレビューをたくさん目にした。私的には、グールド?どちらさんですか?って感じだったのだけど、ま、レビューを信じて買ってみた。

私は寝る前に本を読みながら音楽を聴くことをよくする。その日も届いたばかりのグレン・グールドのゴルトベルクを聴いてみることにした。イヤホンで何気なく聴いていたのだが、ん?ちょっと待て?本を閉じて耳に神経を集中させる。

えええ?!な、なんか、おじさんの唸り声がする!

グールドの演奏は初めてだったので、彼がハミングしながら演奏をするということを全く知らず、まじで怖かった。私は心霊現象は全く信じていないが、流石にその時は一瞬頭をよぎったくらいだ。その後、ネットで調べてグールドの歌声だと知って、さらに驚いたよね。だって、クラッシックだよ、歌いながらって…。

まあ、今ではそれも、ああ聞こえる聞こえる♪って楽しくなるんだけどさ。

どんな人なのかな?って調べてみたら、あんな低い椅子に座って演奏してるし、只者じゃないよね。笑

それでも、なんだか、とってもチャーミングに思えるから不思議。

うちの夫は『変なおじさん』って呼んでるけどね。

そんな衝撃的な出会いから、まる6年。今では私は立派なグールド・コレクターになりつつあるのだ。笑

 

私の超おすすめ『ゴルトベルク変奏曲』3枚。

↓やはりピアノと違って、弦楽器だとパートがはっきりしてわかりやすいよね。

↓もう、サキソフォンが美しすぎるっ!

↓おっさんの唸り声も、そのうち必要不可欠に?!1955年録音と1981年録音、全く違うの。いろんな弾き方があっていいんだなあって思ったよ。

 

記事の検索はこちらから♪

sobakoからのお知らせ♪

■2021年11月27日■
ようやく、全ての記事のリダイレクトができるようになりました。
これで、はてなブログのアドレスからでもbloggerに飛んで来れるようになったので、ほっと一息です。

▼はてなブログの時にいただいたコメントは、上手くインポートができなかったものもあり、申し訳ないです…。

ドレミファ・バッハについて♪

ゴルトベルク変奏曲を弾けるようになるまでの記録(になるはず)☺︎

Twitterで更新のお知らせをしています。

ランキングに参加しています♪

ポチッと応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 クラシックブログへ

お気に入りの1枚♪

お気に入りの1枚♪
幼少のGlenn Gould

書いてるひと♪

自分の写真
45年ぶりにピアノレッスンを再開しました。 夢はバッハの『ゴルトベルク変奏曲』全曲制覇。 グレン・グールドをこよなく愛すピアノ2年生です。

sobako宛メッセージはこちらから♪

名前

メール *

メッセージ *

ドレミファ・バッハのアーカイブ♪

QooQ