誰が聞いているかわからない件《その2》

2021/07/24

ピアノな日々

この記事をシェアする
  • B!

いよいよオリンピックが始まったね。

昨日の開会式のピクトグラムの演技?最高だったね!よく工夫して再現してたし、あのテンポが良かった!思わず応援しちゃったよ。笑

誰がやっていたのかな?

 

-------

 

先日、近所のTさんから手作り杏ジャムを頂いたので、昨日作ったブルーベリージャムをお返しに持っていった。すると、

「ピアノ弾いていらっしゃるの、もしかしてsobakoさん?」って。

うへー、ここ(うちの斜め裏のお宅)まで聞こえるのか〜?と思いながら、

「そうなんですぅ。すみません、へたくそがうるさくて……。」と言うと、

「そんなことないわよ。犬のお散歩で前を通ると、練習続けてて偉いわねって思っていたのよ。」って。

そして、Tさん宅にも今はもう大人になったお子さんたちが使っていたピアノが調律もせず放置されていいること、Tさん自身も子供の頃に習っていて時々弾きたいなって思っても昔のようには弾けないこと、今から習いに行くのもお金もかかるし、みたいな話をしてくれた。

「あら、私が習いに行っている教室は、破格に安いですよ、1時間千円ですから。」と言うと、Tさん俄然興味津々で、「え〜?!そんな教室あるの?!どこどこ?教えて!」って。で、来週レッスンに行った時に、パンフレット(あるのかな?)を貰ってきますよ、ってことになった。

こんなふうにピアノが眠っているおうちはたくさんあるんだろうなあ。誰も弾かないピアノ。でもきっと、お子さんが使って思い出深いピアノだから、処分も憚られるのだろうなあ。

家に帰って夫にTさんのことを話すと、「Tさん宅なら、なんか、良いピアノが置いてありそうだよね」って訳のわからなくもない発言が。笑 少しハイソな感じのするお宅なので。

 Tさんには「ピアノがあるなら、勿体無い!是非是非、始めましょう!」と強くお勧めした。だって、近所にピアノ仲間ができれば、騒音問題も少しは気にせず練習できるかなって思って。笑

そして今日も、下手くそな音をご近所に振りまきながら練習したよ。ああ、せめて調律はしないとなあ。ずいぶんひどい音になっているから。

 

記事の検索はこちらから♪

sobakoからのお知らせ♪

■2021年11月27日■
ようやく、全ての記事のリダイレクトができるようになりました。
これで、はてなブログのアドレスからでもbloggerに飛んで来れるようになったので、ほっと一息です。

▼はてなブログの時にいただいたコメントは、上手くインポートができなかったものもあり、申し訳ないです…。

ドレミファ・バッハについて♪

ゴルトベルク変奏曲を弾けるようになるまでの記録(になるはず)☺︎

Twitterで更新のお知らせをしています。

ランキングに参加しています♪

ポチッと応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 クラシックブログへ

お気に入りの1枚♪

お気に入りの1枚♪
幼少のGlenn Gould

書いてるひと♪

自分の写真
45年ぶりにピアノレッスンを再開しました。 夢はバッハの『ゴルトベルク変奏曲』全曲制覇。 グレン・グールドをこよなく愛すピアノ2年生です。

sobako宛メッセージはこちらから♪

名前

メール *

メッセージ *

QooQ