ペダルがね〜、なんだかね〜。

2021/06/29

ピアノな日々

この記事をシェアする
  • B!

ギロックの「ウインナーワルツ」を練習している。

この曲はペダルを使うんだけど、いやあ、右手、左手、ペダル、って、三つを操るのは難しい。

音が濁らないようなタイミングで踏み替えるのを、バッハと同じく(こっちはフレーズ単位だけどね)繰り返しのスーパースロー練習よ。

ピアニストの仲道郁代さんが、ベートーヴェンのペダル踏みっぱなしの指示のある曲を現代のピアノでは響き過ぎるので、ダンパーが弦に触れるか触れないかの所で踏むと言っていたのを聞いた時、何ですかソレ?って思ったもん。

すごいね、ピアニストって。

私なんか、「踏む」か「踏まない」、「白」か「黒」かの二択だよ。笑

「グレー」はない!

いやいや、そんなことを言ってちゃいけない。

練習あるのみ。

きっと、ピアニストは60色の色鉛筆みたいに(いや、それ以上だわね)、いろんなグラデーションの音を弾くことが出来るんだろうね。

私のピアノはまだ幼稚園生の6色クレヨンかなあ。

60色色鉛筆を眺めているだけじゃダメだね〜。

12色、24色と増やせるように、がんばろう。

 

記事の検索はこちらから♪

sobakoからのお知らせ♪

■2021年11月27日■
ようやく、全ての記事のリダイレクトができるようになりました。
これで、はてなブログのアドレスからでもbloggerに飛んで来れるようになったので、ほっと一息です。

▼はてなブログの時にいただいたコメントは、上手くインポートができなかったものもあり、申し訳ないです…。

ドレミファ・バッハについて♪

ゴルトベルク変奏曲を弾けるようになるまでの記録(になるはず)☺︎

Twitterで更新のお知らせをしています。

ランキングに参加しています♪

ポチッと応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 クラシックブログへ

お気に入りの1枚♪

お気に入りの1枚♪
幼少のGlenn Gould

書いてるひと♪

自分の写真
45年ぶりにピアノレッスンを再開しました。 夢はバッハの『ゴルトベルク変奏曲』全曲制覇。 グレン・グールドをこよなく愛すピアノ2年生です。

sobako宛メッセージはこちらから♪

名前

メール *

メッセージ *

QooQ