救世主現る???

2021/06/19

バッハ ピアノな日々

この記事をシェアする
  • B!

あまりにインヴェンション2番が弾けないので、「インヴェンション 練習方法」で検索してみた。

すると、声部がどうのとか、対位法がどうのとか、バッハはこう弾きましょう的なことばかりがヒットして、私みたいな超初心者の求める練習の仕方にたどり着けない。

ただ右手と左手を別々に動くようにしたいだけなのよ、私は。

あーでもないこーでもないとしつこくググっていたら、あるサイトにたどり着いた。

プロのチェンバロ奏者のサイトだ。

そこには、私の知りたいと思っていたことの答えがあった。

間違えないで弾ける超ゆっくりテンポで片手ずつ、そのあと両手で、“拍”単位に分けて練習せよ、と。

以前にも同じようなことを他のサイトで読んだことがあって、2小節に区切ってやったりしてみたけど、“拍”単位とは!!

それに、すぐに次へ続けて弾きたくなるという心理もわかっておられて、そういう場合には曲の最後から練習すればよいと言う。

おお、確かに!最後からなら先に進みようがないもんね。

目から鱗が落ちたよ。

2小節ずつ地道にって思っても、だんだん面倒になったり、確実に弾けていないうちから次に進んだり、通して弾きたくなったりするんだよね。

自分の中途半端な練習が、結局、遠回りをすることになるんだな。

っていうか、前にもこんなこと書いた気がする。

 

今日から心を入れ替えてやってみたよ。

曲の最後から遡っていくことにした。

もちろん、“拍”単位で。

1時間かけて25、26、27小節が弾けるようになったよ。

この調子でいくと、次のレッスンには超ゆっくりテンポでとりあえず弾けるようになるはずだ。

 

救世主のサイト↓

[八百板チェンバロ教室]

 

 

記事の検索はこちらから♪

sobakoからのお知らせ♪

■2021年11月27日■
ようやく、全ての記事のリダイレクトができるようになりました。
これで、はてなブログのアドレスからでもbloggerに飛んで来れるようになったので、ほっと一息です。

▼はてなブログの時にいただいたコメントは、上手くインポートができなかったものもあり、申し訳ないです…。

ドレミファ・バッハについて♪

ゴルトベルク変奏曲を弾けるようになるまでの記録(になるはず)☺︎

Twitterで更新のお知らせをしています。

ランキングに参加しています♪

ポチッと応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 クラシックブログへ

お気に入りの1枚♪

お気に入りの1枚♪
幼少のGlenn Gould

書いてるひと♪

自分の写真
45年ぶりにピアノレッスンを再開しました。 夢はバッハの『ゴルトベルク変奏曲』全曲制覇。 グレン・グールドをこよなく愛すピアノ2年生です。

sobako宛メッセージはこちらから♪

名前

メール *

メッセージ *

QooQ