ペダルやり直し。

2021/01/21

ピアノな日々 ピアノ発表会 練習ノート

この記事をシェアする
  • B!

先日、NHKの『クラッシック音楽館』でバッハ演奏の第一人者の鈴木雅明氏がドイツのパイプオルガンを演奏していた。

パイプオルガンは一度生で聴いてみたい。

あんなデカい楽器から、あんな素敵な音が出るんだもんねえ。

迫力満点だろうなあ。

それに、鈴木氏が弾いていたのは1700年代に作られたものだそうで、当時、どうやって作ったんだろう?とか、300年後にまだそのまま使えるってすごいなあって思うよね。

それに加えて鈴木氏の足捌きがすばらしい!笑

当たり前なんだけどね、パイプオルガンだから。

でも改めて手も足も鍵盤って、私には考えられない。笑

 

今、ショパンの『ワルツ第10番』のペダルをやり直し練習している。

音が濁ってしまっているのが気になってはいたんだけど、手の方が必死だったんで(笑)足まで考えられなかった。

でもやっぱり、気になる!

いつやり直すの?今でしょ!的な?

いや、遅いでしょ!的な?

とにかく、やり直すことにした。

まずは左手だけを弾きながら、1拍目の音を弾いた直後に「踏む!」3拍目を弾く直前で「上げる!」をロボットのように繰り返す。

次は右手だけを弾きながら、同じように繰り返す。

左手だけの時より結構シビアで、うまく踏めるとスッキリとメロディーが際立つけれど、ちょいと早すぎると即濁る。

む、難しい。

ここで、改めて鈴木氏の足捌きを思い出しては、すごいなあと。

たった1本のペダルの操作に四苦八苦なのに、鍵盤を操るんだもんなあ。

まあ、とにかく、ずーっと三拍子を刻むわけだから、体に覚え込ませるしかない。

1、2、3!

1、2、3!

当面、頭の中は三拍子を数えることになるだろう。

 

 

記事の検索はこちらから♪

sobakoからのお知らせ♪

■2021年12月某日
今、HTMLやCSSの本を読んでブログデザインを勉強中。
で、結局、レンタルサーバーを借りたりしちゃった♪
そのうちまた、引っ越しが始まるかも。笑

ドレミファ・バッハについて♪

ゴルトベルク変奏曲を弾けるようになるまでの記録(になるはず)☺︎

Twitterで更新のお知らせをしています。

ランキングに参加しています♪

ポチッと応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 クラシックブログへ

お気に入りの1枚♪

お気に入りの1枚♪
幼少のGlenn Gould

書いてるひと♪

自分の写真
45年ぶりにピアノレッスンを再開しました。 夢はバッハの『ゴルトベルク変奏曲』全曲制覇。 グレン・グールドをこよなく愛すピアノ2年生です。

sobako宛メッセージはこちらから♪

名前

メール *

メッセージ *

ドレミファ・バッハのアーカイブ♪

QooQ