もしも、タイムスリップできるとしたら。

2021/01/16

グレン・グールド ピアノな日々

この記事をシェアする
  • B!

映画でもドラマでもタイムスリップするストーリーって面白いけれど、現実味はあまりないので今まであまり考えたことがなかった。

しかし、にわかに私の中で「出来たらいいのに!」という気持ちが湧き上がってきている。

そのきっかけは、今読んでいる『グレン・グールド 未来のピアニスト』青柳いづみこ/著だ。

バッハの演奏で一目を置かれているグールドだけど、その昔、青年だった頃に演奏会でショパンも弾いていたらしい。

そしてその音色はとても優しく、素敵にレガートしているんだって!

そして、グールドのライブ演奏では、美しく繊細なピアニッシモがホールに響くのだって!

ピアニッシモが響くってどんな?

それで、タイムスリップしてグールド青年の演奏会をライブで聴きたい!と切に思ったわけ。

青柳さんは、「録音ではそのピアニッシモはわからない」って言うんだよね。

あああ、残念すぎる!

もしも、タイムスリップすることができたら、グールドのおうちの近所に住んで、グールドの練習を毎日こっそり聴きたい。

あ、グールドの愛犬になってもいいなあ。

もう、変態?ストーカー?の域になっちゃってる?笑

 

 

記事の検索はこちらから♪

sobakoからのお知らせ♪

■2021年12月某日
今、HTMLやCSSの本を読んでブログデザインを勉強中。
で、結局、レンタルサーバーを借りたりしちゃった♪
そのうちまた、引っ越しが始まるかも。笑

ドレミファ・バッハについて♪

ゴルトベルク変奏曲を弾けるようになるまでの記録(になるはず)☺︎

Twitterで更新のお知らせをしています。

ランキングに参加しています♪

ポチッと応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 クラシックブログへ

お気に入りの1枚♪

お気に入りの1枚♪
幼少のGlenn Gould

書いてるひと♪

自分の写真
45年ぶりにピアノレッスンを再開しました。 夢はバッハの『ゴルトベルク変奏曲』全曲制覇。 グレン・グールドをこよなく愛すピアノ2年生です。

sobako宛メッセージはこちらから♪

名前

メール *

メッセージ *

ドレミファ・バッハのアーカイブ♪

QooQ