どうしてショパンに興味がなかったのか。

2020/10/04

ピアノな日々 弾いてみたい曲

この記事をシェアする
  • B!

前にも書いたと思うのだけど、私が持っているショパンのCDは、『ショパンの名曲10選』的なもので、ピアニストの名前も記されていないようなCDだ。

昨日、目覚まし音にそのCDの『ショパンのワルツ第10番』をかけてみた。

なんだか、つまらないショパンだった。

弾けない私が言うのもなんだけど、もう少し、雰囲気だして弾くものじゃないの?って。

機械が音をだしているみたいに、正確にリズムをきざんでいく。

ゆらぎ?みたいなものは全くない。

音の強弱だってあまりない。

実は、この前練習した『第3番』もこのCDに収められていて、練習に入るまでその曲を聴いた記憶がなかったの、それくらい印象に残らないピアノだった。

”上手なピアノ”と”良いピアノ”は違うのだなあと実感。

そして、どこのだれが弾いたのかわからないCDしか持っていないから、ショパンの曲にあまり興味がなかったのかもしれない、と気が付いた。

そういえば、去年だったっけ、アニメ『ピアノの森』を見たときに、『エチュードOp.10-1』ってなんてすてきなの!って一発で虜になってしまったのだった。

ショパンが好みではないということではないね。

すてきなショパンが好きなのだ。

 

記事の検索はこちらから♪

sobakoからのお知らせ♪

■2021年12月某日
今、HTMLやCSSの本を読んでブログデザインを勉強中。
で、結局、レンタルサーバーを借りたりしちゃった♪
そのうちまた、引っ越しが始まるかも。笑

ドレミファ・バッハについて♪

ゴルトベルク変奏曲を弾けるようになるまでの記録(になるはず)☺︎

Twitterで更新のお知らせをしています。

ランキングに参加しています♪

ポチッと応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 クラシックブログへ

お気に入りの1枚♪

お気に入りの1枚♪
幼少のGlenn Gould

書いてるひと♪

自分の写真
45年ぶりにピアノレッスンを再開しました。 夢はバッハの『ゴルトベルク変奏曲』全曲制覇。 グレン・グールドをこよなく愛すピアノ2年生です。

sobako宛メッセージはこちらから♪

名前

メール *

メッセージ *

ドレミファ・バッハのアーカイブ♪

QooQ