老化ばかりかと思ったら、成長?していた話。

2020/09/24

あれやこれや

この記事をシェアする
  • B!

私は高校生になった頃から、近視でメガネを掛けている。

それでも若い頃は必要な時に掛ける感じで、常時掛けるようになったのは30歳くらいの時から。

視力は両眼とも0.1でずっと変わらなかった。

ところが最近、妙に見えづらくなってきたので、いよいよメガネを買い替えようと今日は眼鏡店に行ってみた。

あーでもない、こーでもない、とフレームを片っ端から試着して、ようやくひとつ気に入ったのを見つけ、視力測定に臨んだ。

すると、「今のメガネ、見にくいでしょう?」と店員のお姉さん。

「そうなんです。なんだか、遠くも近くも見えづらくなっちゃって」と答えると、

「このメガネを作った時より、視力が良くなってますよ。」と言われた。

ええ〜っ、視力って良くなるものなの???

何十年も変わらなかったのに!

ちなみに、前回測定したのは7年前だった。(こんなに経っていたとは!笑)

老化していくばかりの体かと思っていたのに、想定外に成長?していた。

そういえば、10年くらい前、20歳の頃以来の身体測定で、身長が1センチ伸びていることを知った。

その時も、へえ、大人になっても身長って伸びるんだ?と感激した。

最近は測っていないから、縮んでいたら悲しいけどさ。笑

まあ、ピアノだって、弾けないながらも1年前と比べれば弾けるようになっているわけで、まだまだ成長できる余地があるのだよ、と考えると、ちょっぴりうれしい。

 

記事の検索はこちらから♪

sobakoからのお知らせ♪

■2021年11月27日■
ようやく、全ての記事のリダイレクトができるようになりました。
これで、はてなブログのアドレスからでもbloggerに飛んで来れるようになったので、ほっと一息です。

▼はてなブログの時にいただいたコメントは、上手くインポートができなかったものもあり、申し訳ないです…。

ドレミファ・バッハについて♪

ゴルトベルク変奏曲を弾けるようになるまでの記録(になるはず)☺︎

Twitterで更新のお知らせをしています。

ランキングに参加しています♪

ポチッと応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 クラシックブログへ

お気に入りの1枚♪

お気に入りの1枚♪
幼少のGlenn Gould

書いてるひと♪

自分の写真
45年ぶりにピアノレッスンを再開しました。 夢はバッハの『ゴルトベルク変奏曲』全曲制覇。 グレン・グールドをこよなく愛すピアノ2年生です。

sobako宛メッセージはこちらから♪

名前

メール *

メッセージ *

ドレミファ・バッハのアーカイブ♪

QooQ