ショパンのワルツ第9番もいいなあ。

2020/09/23

弾いてみたい曲 練習ノート

この記事をシェアする
  • B!

毎日の練習の最後に、インヴェンションの1、4、13番とシューマンの子供の情景『見知らぬ国と人々』を2回ずつ弾くことにしている。

どれも花丸の合格ではないので、もう少し進歩させたいと思って。

『見知らぬ国と人々』はレパートリーにしたいしね。

13番は落ち込むくらいうまく弾けなかったけど、徐々に(ホントに徐々に)まともになってきた感を感じられてちょっとうれしい。(まちがえるけどね。)

どれもノーミスで弾けるようにがんばろうと思う。

 

インヴェンション8番は片手ずつならそれほど苦労なく弾ける。

まだ指使いが覚えられていないので、徹底しなければ!

今日は最初の数小節、両手でゆっくりトライしてみた。

うっ。。。

案外難しい。。。

これは、超スーパースローでやっていかないと崩壊しそうだよ。

慎重に慎重に。

でも、やっぱり、バッハって難しいんだね。

片手で弾けるのに、両手になった途端、頭の中がこんがらがるんだもん。

右手で円、左手で三角を描くみたいな感じ。笑

釣られてしまったり、止まってしまったり。笑

 

そんなレベルの私だけど、発表会の曲にショパンのワルツ第9番もいいなあなんて思っている。(まあ、無理だけど)

暗い感じの曲が多いような気がするショパン(失礼)の中でも、ワルツ第9番はちょっぴり明るい感じもするので。(『告別』なのにね)

「易しい曲で」と言っていたはずなのに、これは完全に挑戦曲。笑

半年あるけど、仕上がらない可能性が大だわね。


Chopin Waltz L'adieu Opus 69 No. 1 in A flat Major by Tzvi Erez, HQ

 

記事の検索はこちらから♪

sobakoからのお知らせ♪

■2021年11月27日■
ようやく、全ての記事のリダイレクトができるようになりました。
これで、はてなブログのアドレスからでもbloggerに飛んで来れるようになったので、ほっと一息です。

▼はてなブログの時にいただいたコメントは、上手くインポートができなかったものもあり、申し訳ないです…。

ドレミファ・バッハについて♪

ゴルトベルク変奏曲を弾けるようになるまでの記録(になるはず)☺︎

Twitterで更新のお知らせをしています。

ランキングに参加しています♪

ポチッと応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 クラシックブログへ

お気に入りの1枚♪

お気に入りの1枚♪
幼少のGlenn Gould

書いてるひと♪

自分の写真
45年ぶりにピアノレッスンを再開しました。 夢はバッハの『ゴルトベルク変奏曲』全曲制覇。 グレン・グールドをこよなく愛すピアノ2年生です。

sobako宛メッセージはこちらから♪

名前

メール *

メッセージ *

ドレミファ・バッハのアーカイブ♪

QooQ