今度は遠回りをしないように。

2020/09/19

練習ノート

この記事をシェアする
  • B!

バッハのインヴェンション8番の練習が始まった。

13番には本当に苦労させられたので(というか、まだ弾けていないのでまだまだ練習は続くのだけど)、今度は遠回りしないように慎重に練習を進めると決めた。

なぜ、13番はうまく弾けないのか、自分なりにすごく考えた。

指使いをまちがえると、そこから崩壊が始まる気がするんだよね。

でもって、いったんまちがえると、なぜか正しい路線に戻って来られないのだ。

うまく弾けるときは弾けるのに安定しないのは、運指があやふやになっていることが大きな原因だと思う。

あと、もうひとつ、まだまだ鍵盤感覚が定まっていないということ。

微妙に一音外したりしてしまうのは、そのせいだね。

 

以上のことを踏まえて、

①指使いを決めて番号を振り、まちがいを刷り込まないようにゆっくり練習で正しい運指と鍵盤の位置を覚えこませる。

②①ができるまで両手で弾かない。

 

これで行こうと思う。

あ、それともうひとつ、

③ドレミで歌いながら練習する。

もやってみよう。

ショパンのワルツ第3番を練習したとき、苦手な部分はドレミで歌うとよいと教えてもらい、音名を覚えると弾きやすかったことを思い出したのだ。

先生も、いつもドレミで歌っているし。

 

よし!

今度は、変な癖がつかないように、最初から慎重に練習するぞ!

近道はないだろうけど、遠回りはしないようにね。

 

 

 

記事の検索はこちらから♪

sobakoからのお知らせ♪

■2021年11月27日■
ようやく、全ての記事のリダイレクトができるようになりました。
これで、はてなブログのアドレスからでもbloggerに飛んで来れるようになったので、ほっと一息です。

▼はてなブログの時にいただいたコメントは、上手くインポートができなかったものもあり、申し訳ないです…。

ドレミファ・バッハについて♪

ゴルトベルク変奏曲を弾けるようになるまでの記録(になるはず)☺︎

Twitterで更新のお知らせをしています。

ランキングに参加しています♪

ポチッと応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 クラシックブログへ

お気に入りの1枚♪

お気に入りの1枚♪
幼少のGlenn Gould

書いてるひと♪

自分の写真
45年ぶりにピアノレッスンを再開しました。 夢はバッハの『ゴルトベルク変奏曲』全曲制覇。 グレン・グールドをこよなく愛すピアノ2年生です。

sobako宛メッセージはこちらから♪

名前

メール *

メッセージ *

ドレミファ・バッハのアーカイブ♪

QooQ