達成感がない。

2020/09/16

ピアノ教室

この記事をシェアする
  • B!

ピアノ教室に通い始めたのが、2019年11月。

新型コロナウイルスの影響で今年4〜6月はお休みだったので、正味7ヶ月間、二週間に一度通っている。

その間練習した曲はこれ↓

・ショパンのワルツ第3番

・インヴェンション1番、4番、13番

・モシュコフスキー のスペイン舞曲 第3番イ長調

・シューマン 子供の情景 見知らぬ国と人々

 

なんだかどれも満足に弾けないまま終了しているので、モヤモヤして達成感が感じられない。

「やった〜!合格だ〜!」

っていうのがないのだ。

どうしてかなあ。

もう少し時間をかけてそれぞれの曲に取り組むべきだったのか?

それとも、選曲が背伸びしているのだろうか?

 

「子供の情景」はレパートリーに出来たらいいなあと思うので、毎日弾くようにしている。

それでもいつも間違えるんだよねえ。

最近はまた分解練習している。

インヴェンションも毎日1回は弾くことを課している。

ショパンのワルツは多分もう弾けないだろうなあ。

 

ああ、もう少し易し目の曲で「弾けた!」感が持てる方が楽しいだろうか?

悩むなあ。

 

 

記事の検索はこちらから♪

sobakoからのお知らせ♪

■2021年11月27日■
ようやく、全ての記事のリダイレクトができるようになりました。
これで、はてなブログのアドレスからでもbloggerに飛んで来れるようになったので、ほっと一息です。

▼はてなブログの時にいただいたコメントは、上手くインポートができなかったものもあり、申し訳ないです…。

ドレミファ・バッハについて♪

ゴルトベルク変奏曲を弾けるようになるまでの記録(になるはず)☺︎

Twitterで更新のお知らせをしています。

ランキングに参加しています♪

ポチッと応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 クラシックブログへ

お気に入りの1枚♪

お気に入りの1枚♪
幼少のGlenn Gould

書いてるひと♪

自分の写真
45年ぶりにピアノレッスンを再開しました。 夢はバッハの『ゴルトベルク変奏曲』全曲制覇。 グレン・グールドをこよなく愛すピアノ2年生です。

sobako宛メッセージはこちらから♪

名前

メール *

メッセージ *

ドレミファ・バッハのアーカイブ♪

QooQ