ピアノレッスン15回目。不完全燃焼。

2020/09/15

ピアノ教室

この記事をシェアする
  • B!

毎回同じことを言っているけど、二週間なんてあっという間で、すぐに次のレッスン日がやってくる。

この二週間は、在宅ワークもあったけど、電子ピアノも駆使して自分なりに練習してきたつもり。

でも、う〜ん、前回よりはちょっぴりマシかな?くらいにしか進歩していない。

インヴェンション13番に至っては、弾けないイライラ感が募るばかり。

 

①音階

ト長調はOK

②アルペジオ

ハ長調、イ短調

全て白鍵で指使いも同じなので、セットで練習。

ゆっくり正確に弾けるようになったら徐々にテンポアップ。

③インヴェンション13番

この期に及んで、音の長さが違っていた!驚!

見切れた写真で申し訳ない。

ピンクの円の音が長くなってしまっていた。

ピンクの音はその後の左手の音につながるように弾かないとダメ。

全体的にもミス多発。

それでも「13番はこれで終わりましょう」と強制終了となった。

13番っていつからやってたっけ?とブログで遡ってみたら、正味40日くらいだった。

なんだか、もっとずっと長いことやっていたような錯覚に陥っていたけど。

1番や4番より苦労したからかな。

自分の中では、これで終わりというのは不完全燃焼なので、引き続き練習をするつもり。

でももし、次回も引き続き13番と言われたら、ちょっとうんざりしたかも。笑

肩の荷が下りたような気持ちになったのは確か。笑

先生も、そこらあたり気付いていたのかもねえ。さすが。

④ベートーヴェン ピアノソナタ8番 第2楽章

和音の弾き方を教えてもらった。

ポンポンと弾んで弾いていた私に、鍵盤に手を乗せたまま弾くとうるさくなくキレイに弾けると。(バスケのドリブルの時のような感じで)

確かに、やってみるとイイ感じだ。

あとは、全体的にまず音をはっきり出して練習しようということになった。

強弱などは正確に音をつかめてから改めてやっていくことに。

 

■次回の課題

①音階

ニ長調

②アルぺジオ

ハ長調、イ短調、ト長調

指使い&すべて白鍵使用で同じなので、まとめて練習!ひたすら練習!

③インヴェンション8番

④ピアノソナタ8番 第2楽章

まずは正確にしっかり音出し!

記事の検索はこちらから♪

sobakoからのお知らせ♪

■2021年11月27日■
ようやく、全ての記事のリダイレクトができるようになりました。
これで、はてなブログのアドレスからでもbloggerに飛んで来れるようになったので、ほっと一息です。

▼はてなブログの時にいただいたコメントは、上手くインポートができなかったものもあり、申し訳ないです…。

ドレミファ・バッハについて♪

ゴルトベルク変奏曲を弾けるようになるまでの記録(になるはず)☺︎

Twitterで更新のお知らせをしています。

ランキングに参加しています♪

ポチッと応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 クラシックブログへ

お気に入りの1枚♪

お気に入りの1枚♪
幼少のGlenn Gould

書いてるひと♪

自分の写真
45年ぶりにピアノレッスンを再開しました。 夢はバッハの『ゴルトベルク変奏曲』全曲制覇。 グレン・グールドをこよなく愛すピアノ2年生です。

sobako宛メッセージはこちらから♪

名前

メール *

メッセージ *

ドレミファ・バッハのアーカイブ♪

QooQ