他人と比べても仕方ないから。

2020/09/14

ピアノな日々

この記事をシェアする
  • B!

先日、ある動画を見つけた。

独学でピアノを始めて1年半の30代の女性。

動画で何曲か弾いていたその中に、ベートーヴェンのピアノソナタ『悲愴』第2楽章もあった。

しかも、暗譜で!

ピアノを弾いたことのない人の例として夫のピアノを思い出す。

 

▼関連記事▼
[ いよいよ夫も練習開始だ〜! - ドレミファ・バッハ] 2020-05-20

 

アノ状態から1年半でピアノソナタが弾けるようになるのか!と思ったら愕然とした。

つい、自分のまだまだ先の見えない『悲愴』と比べてしまう。

才能がある人なのかな?

若いからかな?

いや、1日24時間練習していたのかもしれない!笑

他人と比べても仕方のないことはわかっている。

昨日の自分と比べて少しでも進歩していればOKじゃないか!

それでね、やっぱり記録をきちんと取ってみようかと思う。

スタディプラスで毎日の練習時間を記録し、週に一度練習風景動画を撮ってみる。

そうすれば、自分のちょっぴりな進歩も感じられるのでは?と思って。

実は、動画を撮るために、こんなマイクも買ってあるのだけど、YouTubeにアップするための編集とかを考えると面倒になってしまって、まだ1回も使っていないんだよね。

まずは、アップすることは考えないでやってみよう。

何事もハードルをまずは下げないと、続かないからね。笑

 

 

記事の検索はこちらから♪

sobakoからのお知らせ♪

■2021年11月27日■
ようやく、全ての記事のリダイレクトができるようになりました。
これで、はてなブログのアドレスからでもbloggerに飛んで来れるようになったので、ほっと一息です。

▼はてなブログの時にいただいたコメントは、上手くインポートができなかったものもあり、申し訳ないです…。

ドレミファ・バッハについて♪

ゴルトベルク変奏曲を弾けるようになるまでの記録(になるはず)☺︎

Twitterで更新のお知らせをしています。

ランキングに参加しています♪

ポチッと応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 クラシックブログへ

お気に入りの1枚♪

お気に入りの1枚♪
幼少のGlenn Gould

書いてるひと♪

自分の写真
45年ぶりにピアノレッスンを再開しました。 夢はバッハの『ゴルトベルク変奏曲』全曲制覇。 グレン・グールドをこよなく愛すピアノ2年生です。

sobako宛メッセージはこちらから♪

名前

メール *

メッセージ *

ドレミファ・バッハのアーカイブ♪

QooQ