弾きたい曲に追加『ボッケリーニのメヌエット』

2020/08/21

ピアノな日々

この記事をシェアする
  • B!

私のお気に入りのブログ『ピアノのある生活、ピアノと歩む人生』を時間のある時に読み進めているのだけれど、今日気になったのはこの日の記事。

音楽語を読む読譜 - ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

そして、弾いてみたくなったボッケリーニ作曲の『メヌエット』

早速、私の楽譜辞書(笑)『ピアノ名曲110選』の中に探してみる。

あった、あった、グレードAだ!(A、B、Cと3冊あって、Aは初心者向け)

(↑なんだか、楽譜が斜めでごめんなさい。いつもそうだよね、私。)

よし、これなら少し練習すれば弾けるようになるかな。

しかし、このメヌエットは聴いたことのある曲だけど、ボッケリーニさんはあまりよく知らないぞ、と思ってググってみたら、とんでもないことが判明した。

いや、ボッケリーニさんは問題ないけど、楽譜に問題ありだった。

 

弦楽五重奏曲G275 (ボッケリーニ) - Wikipedia

 

イ長調だって?

『ピアノ名曲110選』では、シャープがひとつのト長調になってるよ!

しかも、音符も心なしか少ない!

グレードA向けに移調したってこと?

通りで、グレードAの楽譜の音をピアノで鳴らしてみた時、前出のブログで紹介されていた動画の音と、なんか雰囲気違うくね?って思ったのよ。

そういうことか。

でも、どうせ練習するなら、イ長調でしたいよなあ。

Amazonで全音のピアノピース売ってたから買っちゃおうかな。

 

いくつか、YouTubeでメヌエット聴いてみたけど、やっぱりこのダニイル・シャフラン氏のチェロが一番良かったので、貼り付けておく。

私もこんな踊りたくなるような演奏をしてみたい。

グールドが演奏したら、きっと、軽くてノリの良い、踊り出したくなるようなピアノになるんじゃないかと勝手に想像してみたり。

 


Daniil Shafran play Bocherinni Minuet

記事の検索はこちらから♪

sobakoからのお知らせ♪

■2021年11月27日■
ようやく、全ての記事のリダイレクトができるようになりました。
これで、はてなブログのアドレスからでもbloggerに飛んで来れるようになったので、ほっと一息です。

▼はてなブログの時にいただいたコメントは、上手くインポートができなかったものもあり、申し訳ないです…。

ドレミファ・バッハについて♪

ゴルトベルク変奏曲を弾けるようになるまでの記録(になるはず)☺︎

Twitterで更新のお知らせをしています。

ランキングに参加しています♪

ポチッと応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 クラシックブログへ

お気に入りの1枚♪

お気に入りの1枚♪
幼少のGlenn Gould

書いてるひと♪

自分の写真
45年ぶりにピアノレッスンを再開しました。 夢はバッハの『ゴルトベルク変奏曲』全曲制覇。 グレン・グールドをこよなく愛すピアノ2年生です。

sobako宛メッセージはこちらから♪

名前

メール *

メッセージ *

ドレミファ・バッハのアーカイブ♪

QooQ