場所中はどうしても。。。

2020/07/31

ピアノな日々 練習ノート

この記事をシェアする
  • B!

大相撲もいよいよ終盤。

応援している白鵬の足が心配だし、炎鵬も勝ち越せるかどうかの瀬戸際でハラハラ。

でも、今日の朝乃山と照ノ富士の一敗同志の直接対決は楽しみ!

そんなこんなで、大相撲の場所中はどうしても練習時間が短くなってしまう。

休みの日は午前中に練習してしまうのだけど、仕事のある日は帰ってきてすぐに夕飯作りとなると練習できない。

そういう時には、夜、電子ピアノの出番と行きたいところなんだけど、最近はどうも、疲れてしまってダメだなあ。

 

昨日はあのアクロバティックな『トロイメライ』をどういう指使いにしようかと考えたり、加線部分の音を書き込んだりしていたら、小一時間経っていて驚いた。

根がのんびりやさんなので、ちょっと気を抜くとひどく時間が過ぎていることがある。

もっとサッサとやらないと、いつまで経っても弾けるようになりゃしないのにね。

しかし、『トロイメライ』片手ずつ練習始めたけれど、手がつりそうだ。

ペダルを踏むようになると、適当に弾くようになってしまうと思うので、ペダルなしで音符の長さをきちんと取ろうとすると、手が痛い。

優雅に弾けるようになる日が来るのか、甚だ疑問なのであ〜る。

 

記事の検索はこちらから♪

sobakoからのお知らせ♪

■2021年11月27日■
ようやく、全ての記事のリダイレクトができるようになりました。
これで、はてなブログのアドレスからでもbloggerに飛んで来れるようになったので、ほっと一息です。

▼はてなブログの時にいただいたコメントは、上手くインポートができなかったものもあり、申し訳ないです…。

ドレミファ・バッハについて♪

ゴルトベルク変奏曲を弾けるようになるまでの記録(になるはず)☺︎

Twitterで更新のお知らせをしています。

ランキングに参加しています♪

ポチッと応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 クラシックブログへ

お気に入りの1枚♪

お気に入りの1枚♪
幼少のGlenn Gould

書いてるひと♪

自分の写真
45年ぶりにピアノレッスンを再開しました。 夢はバッハの『ゴルトベルク変奏曲』全曲制覇。 グレン・グールドをこよなく愛すピアノ2年生です。

sobako宛メッセージはこちらから♪

名前

メール *

メッセージ *

ドレミファ・バッハのアーカイブ♪

QooQ