このピアノ、誰が買うのかなあ?

2020/07/26

グレン・グールド ピアノな日々

この記事をシェアする
  • B!

2020年はベートーヴェンの生誕250周年。

とてもお気に入りのこの一枚。 

グールドの弾くベートーヴェン3大ソナタ。

家事をしながら聴くときに、出番が多い。

AmazonでこのCDのレビューを読むと、本当に好き嫌いが分かれていておもしろい。

ベートーヴェンが、というより、グレン・グールドの演奏の好き嫌いというのがほとんどだけどね。

私的には、『月光』第3楽章がいくら高速でも、『熱情』の第2楽章が超絶ゆっくりでも、大好きに変わりはない。

というか、『熱情』に至っては、グールドの演奏で初めて聴いたような状況なので、カモが生まれて初めて見たものを「親」と思うのと同じで「そういうもの」と自然と受け入れられたのかもしれない。

『月光』は衝撃的だったね、ハートを鷲掴みされちゃったよ。

これを聴いたら、他の人の『月光』第3楽章なんて、だるくて仕方ない。笑

でも、グールド自身は、この3つのソナタが嫌いだとか言っていたらしいけど、本当のところはどうなのかな?

 

ベートーヴェンの生誕250周年を記念して、ベーゼンドルファーからグランドピアノが発売されていたのね。

めちゃくちゃ素敵。

ベートーヴェンの肖像が真珠貝で描かれていたり、ピアノの天板に『月光』の自筆譜がシルクスクリーンで印刷されているんだって。

15台限定で2000万〜2300万円!

一体どういう人が買うのかしら?

実物、見てみたいなあ、そして弾いてみたいなあ。

 

 

記事の検索はこちらから♪

sobakoからのお知らせ♪

■2021年11月27日■
ようやく、全ての記事のリダイレクトができるようになりました。
これで、はてなブログのアドレスからでもbloggerに飛んで来れるようになったので、ほっと一息です。

▼はてなブログの時にいただいたコメントは、上手くインポートができなかったものもあり、申し訳ないです…。

ドレミファ・バッハについて♪

ゴルトベルク変奏曲を弾けるようになるまでの記録(になるはず)☺︎

Twitterで更新のお知らせをしています。

ランキングに参加しています♪

ポチッと応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 クラシックブログへ

お気に入りの1枚♪

お気に入りの1枚♪
幼少のGlenn Gould

書いてるひと♪

自分の写真
45年ぶりにピアノレッスンを再開しました。 夢はバッハの『ゴルトベルク変奏曲』全曲制覇。 グレン・グールドをこよなく愛すピアノ2年生です。

sobako宛メッセージはこちらから♪

名前

メール *

メッセージ *

ドレミファ・バッハのアーカイブ♪

QooQ