トロイメライがアクロバティックな件

2020/07/25

ピアノな日々 練習ノート

この記事をシェアする
  • B!

正直なところ、私がシューマンの『子供の情景』の中で興味を持った曲は、『見知らぬ国の人々』だけだった。

世間では『トロイメライ』が一番有名で、私も聞いたことのある曲だ。

きれいなメロディだけど弾きたいなあとは特には思わなかった。

最初に楽譜を持って行った時に先生が、

「子どもの情景はいい曲よね〜。全曲やっても良いわね〜」

と言うので内心、いや、1曲だけで良いんだけどなーって思ってた。笑

 

が、次の課題曲は『トロイメライ』となった。

シューマンが自身の手を痛めてしまった後は自らピアノを弾いて作らず楽譜上で作曲したので、「どうやって弾くの?これ。」という曲も多々あるらしい。

先生は「トロイメライは若い頃の作品だから、大丈夫だと思います。」と言い、「最後の方のこの部分くらいかな、大変なのは」と言って弾き方をアドバイスしてくれたのだった。

だがしかし!

私にとってこの曲は十分アクロバティック。

実際、たった6小節目にして、これ指が届きませんけど?ってところ(ピンクの丸部分)が出てきて、YouTubeで演奏解説動画を見つけてみたら、2つの音を親指で同時に鳴らすことがわかった。

そんな弾き方あるんだね、初めて知ったよ。

他にも、指がからまりそうな指使いとかあって大変!

でも、メロディはきれいだし、有名曲だしね、がんばってみようかと思っている。

記事の検索はこちらから♪

sobakoからのお知らせ♪

■2021年11月27日■
ようやく、全ての記事のリダイレクトができるようになりました。
これで、はてなブログのアドレスからでもbloggerに飛んで来れるようになったので、ほっと一息です。

▼はてなブログの時にいただいたコメントは、上手くインポートができなかったものもあり、申し訳ないです…。

ドレミファ・バッハについて♪

ゴルトベルク変奏曲を弾けるようになるまでの記録(になるはず)☺︎

Twitterで更新のお知らせをしています。

ランキングに参加しています♪

ポチッと応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 クラシックブログへ

お気に入りの1枚♪

お気に入りの1枚♪
幼少のGlenn Gould

書いてるひと♪

自分の写真
45年ぶりにピアノレッスンを再開しました。 夢はバッハの『ゴルトベルク変奏曲』全曲制覇。 グレン・グールドをこよなく愛すピアノ2年生です。

sobako宛メッセージはこちらから♪

名前

メール *

メッセージ *

ドレミファ・バッハのアーカイブ♪

QooQ