合格の基準。

2020/07/23

ピアノな日々 ピアノ教室

この記事をシェアする
  • B!

先日のピアノレッスンで、2月から取り組んでいた『インヴェンション1番』がようやく合格した。

半年もかかっている!(そのうち3ヶ月はコロナで休みだったけど)

でも、コロナで自主練習中には自分なりに気持ちよく?弾いていたんだけど、レッスンが始まって先生にいろいろ指摘を受けると、自分がいかに勝手に弾いていたかがわかって、合格したものの、まだまだのはずだぞ?と思えてなんだかあまり喜べない。

独学だとどれだけ弾けたら次の曲に行くかという判断が自分ではしづらいというのもあって先生についてレッスンしてもらおうと思ったのだけど、きっと先生も、どのレベルで合格としようか悩んでいるんじゃないかなあと、ふと思った。

いや、ベテランの先生だから、そこのところの塩梅もうまくやれるのかもしれないな。

そりゃ、音大目指している若者と、趣味ピアノのおばさんでは、同じ曲でも合格のレベルが違うだろう。

というか、違っていなけりゃいつまで経っても同じ曲を練習する羽目になって困るのはこっち。笑

まあ、あまり深く考えないようにしよう。

四の五の言わずに、とっとと練習しろって感じか。

 

 

記事の検索はこちらから♪

sobakoからのお知らせ♪

■2021年11月27日■
ようやく、全ての記事のリダイレクトができるようになりました。
これで、はてなブログのアドレスからでもbloggerに飛んで来れるようになったので、ほっと一息です。

▼はてなブログの時にいただいたコメントは、上手くインポートができなかったものもあり、申し訳ないです…。

ドレミファ・バッハについて♪

ゴルトベルク変奏曲を弾けるようになるまでの記録(になるはず)☺︎

Twitterで更新のお知らせをしています。

ランキングに参加しています♪

ポチッと応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 クラシックブログへ

お気に入りの1枚♪

お気に入りの1枚♪
幼少のGlenn Gould

書いてるひと♪

自分の写真
45年ぶりにピアノレッスンを再開しました。 夢はバッハの『ゴルトベルク変奏曲』全曲制覇。 グレン・グールドをこよなく愛すピアノ2年生です。

sobako宛メッセージはこちらから♪

名前

メール *

メッセージ *

ドレミファ・バッハのアーカイブ♪

QooQ