ハイドンのピアノソナタ50番の楽譜を見てみる。

2020/07/18

グレン・グールド ピアノな日々

この記事をシェアする
  • B!

ハイドンのピアノソナタ50番の楽譜が届いた!何日か前だけどね・笑

早速、オープンペダルの部分を探してみる。

あったあった、2箇所あったよ。

第1楽章の73小節目〜と120小節目〜。

小説の数、数えなくても楽譜に書いてあるんだね。便利。

そして、グールドの演奏を聴きながら楽譜を追ってみた。

うん、やっぱりペダルは踏んでいないよ。

 

それからね、なんだかこの楽譜、見たことないモノがいくつかあるんだよ。

例えばこれ↓(第2楽章)

五線譜の上下にまた五線譜があるってどう言うこと?

弾き方のバリエーション??

それに、スタッカートなのにスラーも書いてあるのよ〜?

どうすりゃ良いの〜???

ナチュラルの記号がカッコで括ってあったりするし。(意味不明)

40小節目の細かい音階?は、まさかの半拍で?

グールドは軽やかにタララララン♪って弾いていたよ、素敵♪

 

ってことで、第2楽章は曲者な感じがするよ。

第1楽章と第3楽章は、まだ素直な顔しているけどね。

ま、S級だからね〜。

 

記事の検索はこちらから♪

sobakoからのお知らせ♪

■2021年11月27日■
ようやく、全ての記事のリダイレクトができるようになりました。
これで、はてなブログのアドレスからでもbloggerに飛んで来れるようになったので、ほっと一息です。

▼はてなブログの時にいただいたコメントは、上手くインポートができなかったものもあり、申し訳ないです…。

ドレミファ・バッハについて♪

ゴルトベルク変奏曲を弾けるようになるまでの記録(になるはず)☺︎

Twitterで更新のお知らせをしています。

ランキングに参加しています♪

ポチッと応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 クラシックブログへ

お気に入りの1枚♪

お気に入りの1枚♪
幼少のGlenn Gould

書いてるひと♪

自分の写真
45年ぶりにピアノレッスンを再開しました。 夢はバッハの『ゴルトベルク変奏曲』全曲制覇。 グレン・グールドをこよなく愛すピアノ2年生です。

sobako宛メッセージはこちらから♪

名前

メール *

メッセージ *

ドレミファ・バッハのアーカイブ♪

QooQ