3ヶ月のブランクで変わったこと。

2020/07/08

グランドピアノ ピアノな日々

この記事をシェアする
  • B!

ピアノレッスンはコロナウイルスのせいで、かれこれ3ヶ月お休みしていた。

考えてみたら、3ヶ月前はアップライトピアノで練習していて、3ヶ月ぶりのレッスンは、私のピアノがグランドピアノになって初のレッスンだった。

今回レッスンに行って最初に感じたことは、先生のグランドピアノの鍵盤が軽くなった?!ってこと。

それに、音も以前聞いた時よりクリアな感じがするし。

3ヶ月前までは、自分のアップライトピアノ(Kraus)と比べて先生のピアノは重くて弾きにくいなあ、グランドピアノだからかなあとか思っていた。

ところが、今は逆転している感じ。

私のグランドの方が、重い。

というか、レスポンスが悪い?

一番最初にレッスンに行った時に先生が、物理的な鍵盤の重さもあるけれど、音の聞こえ方によっても重い、軽いの印象が違ってくるということを教えてくれた。

同じ先生のピアノでも重さの違いを感じるということは、そういうことなのだろうね。

私のピアノはまだ新品なので、ポン!と弾いてポン!と返ってくるという感じがないのかもしれない。

上手くいえないけど、なかなか音が出ない感じなのだ。

なので、一所懸命弾こうとして疲れる、みたいな。笑

先生のピアノを3ヶ月ぶりに弾いて、改めてそれを感じた。

しかしこれは、あくまで私の超個人的感想でただの気のせいかもしれないので、さらっと聞き流して読み飛ばしてね。

 

記事の検索はこちらから♪

sobakoからのお知らせ♪

■2021年11月27日■
ようやく、全ての記事のリダイレクトができるようになりました。
これで、はてなブログのアドレスからでもbloggerに飛んで来れるようになったので、ほっと一息です。

▼はてなブログの時にいただいたコメントは、上手くインポートができなかったものもあり、申し訳ないです…。

ドレミファ・バッハについて♪

ゴルトベルク変奏曲を弾けるようになるまでの記録(になるはず)☺︎

Twitterで更新のお知らせをしています。

ランキングに参加しています♪

ポチッと応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 クラシックブログへ

お気に入りの1枚♪

お気に入りの1枚♪
幼少のGlenn Gould

書いてるひと♪

自分の写真
45年ぶりにピアノレッスンを再開しました。 夢はバッハの『ゴルトベルク変奏曲』全曲制覇。 グレン・グールドをこよなく愛すピアノ2年生です。

sobako宛メッセージはこちらから♪

名前

メール *

メッセージ *

ドレミファ・バッハのアーカイブ♪

QooQ