一体どこを見て弾いているのか?

2020/06/28

ピアノな日々

この記事をシェアする
  • B!

今年は暗譜で弾ける曲を持つ!と目標を掲げ、日々精進している。

と言いたいところだが、なかなかそうもいかず半年が過ぎてしまった。

シューマンの子供の情景の『見知らぬ国と人々』をレパートリーにしたいなあと思い、楽譜を前にすれば、まあまあ弾けるので、楽譜なしでチャレンジしてみた。

すると、一度つっかえて止まってしまうと、えーっとどうだっけ?ってさっぱりわからなくなってしまう。

鍵盤を見ればわかるか?っていうとそうでもない。

仕方なく、楽譜を置いてみると弾ける。

でも、チラッと手元を見たりした後は、楽譜に目線が戻っても迷子になったりもする。

一体普段私はどこを見てピアノを弾いているのだろう?

何回も弾いて指が(体が)覚えているだけなのかな?

とにかく、暗譜は別物なんだね。

それほど、「楽譜をガン見しなくても弾ける=暗譜できている」ということではないのだね。

 

 

記事の検索はこちらから♪

sobakoからのお知らせ♪

■2021年11月27日■
ようやく、全ての記事のリダイレクトができるようになりました。
これで、はてなブログのアドレスからでもbloggerに飛んで来れるようになったので、ほっと一息です。

▼はてなブログの時にいただいたコメントは、上手くインポートができなかったものもあり、申し訳ないです…。

ドレミファ・バッハについて♪

ゴルトベルク変奏曲を弾けるようになるまでの記録(になるはず)☺︎

Twitterで更新のお知らせをしています。

ランキングに参加しています♪

ポチッと応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 クラシックブログへ

お気に入りの1枚♪

お気に入りの1枚♪
幼少のGlenn Gould

書いてるひと♪

自分の写真
45年ぶりにピアノレッスンを再開しました。 夢はバッハの『ゴルトベルク変奏曲』全曲制覇。 グレン・グールドをこよなく愛すピアノ2年生です。

sobako宛メッセージはこちらから♪

名前

メール *

メッセージ *

ドレミファ・バッハのアーカイブ♪

QooQ