邪道かもしれないけれど。

2020/06/09

バッハ ピアノな日々

この記事をシェアする
  • B!

ピアノ教室の先生に連絡をとってみようみようと思いながら、体調が思わしくないとか理由をつけてウダウダしている。

確かに、手足が蕁麻疹でひどいことになっているが、ピアノの練習には影響はない。痒いけど。

それも、いよいよ二週間続いているので、今日、重い腰を上げて皮膚科に行って薬をもらってきた。飲み薬でないと治らないらしい。(10日ほど前に行った内科では塗り薬だけくれた)

 

インヴェンション1番はなんとかゆっくりなら弾けるようになってきて、4番はまだまだではあるけれど、次の譜読みもしておきたいかなあと欲張りな私。

何しろ1曲に時間がかかるので、早めに取り掛かりたい。でないと一体いつになったらインヴェンションが終了するのか?って話。

本来なら、楽譜を読んで理解をし、右手左手練習となるのだろうけど、次にやろうとしている3番が、なんとなく自分にとって印象が薄い。

で、どんな曲なのかさっぱりなので、ここ数日前から目覚ましアラームの曲にグレン・グールドのインヴェンション3番をかけている。目が覚めてもその1曲を流し続けて覚え込もうという戦略だ。

耳から入った方が、多少練習がしやすいんだよね、邪道かな。

実は、1番の次にやる曲として先生から、「3番か4番どちらにする?」と言われ、3番より4番の方がトリルは不安だけど取っつきやすいメロディだったのでこちらにしたのだった。

なぜか3番は、何回聞いてもなんとなく覚えづらい(歌いづらい)感じがする。

でもまあ、バッハは好きだし、やってるうちになんとかなるだろう。

できれば全曲制覇したいしなあ。

 

記事の検索はこちらから♪

sobakoからのお知らせ♪

■2021年11月27日■
ようやく、全ての記事のリダイレクトができるようになりました。
これで、はてなブログのアドレスからでもbloggerに飛んで来れるようになったので、ほっと一息です。

▼はてなブログの時にいただいたコメントは、上手くインポートができなかったものもあり、申し訳ないです…。

ドレミファ・バッハについて♪

ゴルトベルク変奏曲を弾けるようになるまでの記録(になるはず)☺︎

Twitterで更新のお知らせをしています。

ランキングに参加しています♪

ポチッと応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 クラシックブログへ

お気に入りの1枚♪

お気に入りの1枚♪
幼少のGlenn Gould

書いてるひと♪

自分の写真
45年ぶりにピアノレッスンを再開しました。 夢はバッハの『ゴルトベルク変奏曲』全曲制覇。 グレン・グールドをこよなく愛すピアノ2年生です。

sobako宛メッセージはこちらから♪

名前

メール *

メッセージ *

ドレミファ・バッハのアーカイブ♪

QooQ