やっぱり、人と繋がりたいのかなあ。

2020/05/26

BOOKS ピアノな日々

この記事をシェアする
  • B!

角聖子さんの『ピアノがうまくなるにはワケがある』という本を読んでみた。

 これがまた、大人の初心者&やり直しピアノの気持ちを熟知されていて、随所でそうそうそうなのよ!とつぶやいてしまった。

”大人ピアノ“は、かれこれ20年以上前に楽譜の読めないお父さん向けに出したCDがきっかけだそうで、どうりでよくご存知な訳だ。

心に残ったのは、マジメに完璧に弾こうとする人が多く、それで挫折してしまう人もいるけれど、完璧に弾くよりもっと、大切なことがある、という言葉。

出来る出来ないに重きを置くのではなく、もっと自由に楽しんで弾くこと、人の心に届く音(たとえ一音でも)を耳で確かめながら弾くこと、そういうのが大切なんだって。

そしてそれは、難しい曲でなくても可能なのだって。

自由に!
楽しく!
自分らしく!
そして、人との繋がりを感じながら弾く!

 

心や感性には老いはないという。

うれしいじゃん!

そういえば、中学の時の美術の先生(画家でもあった)がこんなことを言っていたのを思い出した。

「上手い絵が良い絵とは限らないんだよ。」

 

下手くそでも、人の心に触れる音が出せたらいいよね。

でも、これって楽譜通りに弾くより難しくね?笑

でもまあ、自由に楽しんで弾けばなんとなく気持ち、伝わるかな?

 

角さんのブログも親しみがあってちょっとファンになっちゃった。
こちら→角聖子の夢人通信

 

記事の検索はこちらから♪

sobakoからのお知らせ♪

■2021年11月27日■
ようやく、全ての記事のリダイレクトができるようになりました。
これで、はてなブログのアドレスからでもbloggerに飛んで来れるようになったので、ほっと一息です。

▼はてなブログの時にいただいたコメントは、上手くインポートができなかったものもあり、申し訳ないです…。

ドレミファ・バッハについて♪

ゴルトベルク変奏曲を弾けるようになるまでの記録(になるはず)☺︎

Twitterで更新のお知らせをしています。

ランキングに参加しています♪

ポチッと応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 クラシックブログへ

お気に入りの1枚♪

お気に入りの1枚♪
幼少のGlenn Gould

書いてるひと♪

自分の写真
45年ぶりにピアノレッスンを再開しました。 夢はバッハの『ゴルトベルク変奏曲』全曲制覇。 グレン・グールドをこよなく愛すピアノ2年生です。

sobako宛メッセージはこちらから♪

名前

メール *

メッセージ *

ドレミファ・バッハのアーカイブ♪

QooQ