『インヴェンションと心の旅』を読んで

2020/05/03

BOOKS ピアノな日々

この記事をシェアする
  • B!

とりあえず、読んだ。

が、楽しくインヴェンションが練習できるヒントがあったか?というと、うーん、期待しすぎた感が大きい。

いや、この本はある程度、音楽の知識がないと活用できないのかも知れない。

指導者向け?なのかなあ?

 

でも、著者のお母さんの言葉の方言に「ん?もしや?」と思ってググったら、やはり同郷の人だったとわかり、ちょっと親近感が湧いた。

故郷を遠く離れると、そういうことになんとなく敏感になる。

 

そういえば、最近、気になる音楽家はなぜか同郷の人が多くて不思議。

この間聴きに行った田村さん(ピアニスト)もそうだし、本当は来月行く予定だった近藤さん(ピアニスト)もそうだった。

見えない何かで手繰り寄せられるのかなあ?

 

なんだか本の話から随分逸れてしまった。

これから練習する曲と並行して、読み直してみようと思う。

いろいろ調べながら読まないと、わたしには理解が進まないので。

 

記事の検索はこちらから♪

sobakoからのお知らせ♪

■2021年11月27日■
ようやく、全ての記事のリダイレクトができるようになりました。
これで、はてなブログのアドレスからでもbloggerに飛んで来れるようになったので、ほっと一息です。

▼はてなブログの時にいただいたコメントは、上手くインポートができなかったものもあり、申し訳ないです…。

ドレミファ・バッハについて♪

ゴルトベルク変奏曲を弾けるようになるまでの記録(になるはず)☺︎

Twitterで更新のお知らせをしています。

ランキングに参加しています♪

ポチッと応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 クラシックブログへ

お気に入りの1枚♪

お気に入りの1枚♪
幼少のGlenn Gould

書いてるひと♪

自分の写真
45年ぶりにピアノレッスンを再開しました。 夢はバッハの『ゴルトベルク変奏曲』全曲制覇。 グレン・グールドをこよなく愛すピアノ2年生です。

sobako宛メッセージはこちらから♪

名前

メール *

メッセージ *

ドレミファ・バッハのアーカイブ♪

QooQ