おうちで自主練習。

2020/04/12

練習ノート

この記事をシェアする
  • B!

ピアノレッスンが休みになってしまって気持ちに余裕(何の?)ができたせいか、のびのび練習に取組んでいる。

いや、この“のびのび”が曲者で、尻を叩かれないとどんどんノロマになる。

自分でどこまで弾けるようにするのかを決めてやらないとダメだなこりゃ。

 

今日の練習の反省

①HANON

最近は課題の音階しかやっていなかったのだけど、やっぱり1番からやり直ししようということで自主練中。

音階も丸をもらったものも復習。

②インヴェンション

まずは4番。片手ずつ。

トリルがうまく弾けない。HANONにもトリルの練習があるようなので、明日からやってみようと思う。

1番は、調子が良いとイイ具合に弾けるようになってきた。もう少し高確率でイイ具合に弾けるようになったら、テンポアップしたい。

③モシュコフスキー スペイン舞曲3番

指使いをミスると止まってしまうので、正しい指使いを覚えこまさなきゃ!

④シューマン 子供の情景 見知らぬ国と人々

ひとつ音を間違えていたことに気付く。全くもう!

そして指使いが大切。楽譜に書いてあるのには意味があるのだからね。(と自分に言い聞かせる。)

 

ではまた明日。

 

記事の検索はこちらから♪

sobakoからのお知らせ♪

■2021年11月27日■
ようやく、全ての記事のリダイレクトができるようになりました。
これで、はてなブログのアドレスからでもbloggerに飛んで来れるようになったので、ほっと一息です。

▼はてなブログの時にいただいたコメントは、上手くインポートができなかったものもあり、申し訳ないです…。

ドレミファ・バッハについて♪

ゴルトベルク変奏曲を弾けるようになるまでの記録(になるはず)☺︎

Twitterで更新のお知らせをしています。

ランキングに参加しています♪

ポチッと応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 クラシックブログへ

お気に入りの1枚♪

お気に入りの1枚♪
幼少のGlenn Gould

書いてるひと♪

自分の写真
45年ぶりにピアノレッスンを再開しました。 夢はバッハの『ゴルトベルク変奏曲』全曲制覇。 グレン・グールドをこよなく愛すピアノ2年生です。

sobako宛メッセージはこちらから♪

名前

メール *

メッセージ *

ドレミファ・バッハのアーカイブ♪

QooQ