コレって、右手で弾くの?左手で弾くの?

2020/04/06

ピアノな日々

この記事をシェアする
  • B!

何せ45年ぶりに再開したピアノなので、楽譜は全く読めないわけではないけれど「コレって何ですか?」というシチュエーションも多々ある。

なので、独学で練習しようというのは諦めてピアノ教室に通っているのだけれど、ホラ、課題以外の曲だってちょっとやってみたいじゃんってことで練習し始めたシューマンの『子供の情景Op.15 見知らぬ国と人々について』なんだけど。。。

なんと、てっきり左手で弾くのだと思っていた音符が、実は右手で弾く音だったっていう事実に1週間くらい気づかず練習してたっていうね。笑

だって音符から伸びる棒が下に伸びてたんだもん、左手で弾くとばっかり思って全く疑わず、なんか、左手が忙しい曲だね〜なんて思ってた。笑

でも、グレードA(ピアノ名曲110選/ドレミ楽譜出版社)の割に、あまりにも左手の守備範囲が広いので、どんな指使いするんだろう?と思いYouTubeで手元のわかる動画を探して見た。

すると!あれれ?左手、そんなに動いてなくね?と気がついた。

そっか〜、右手でね〜、はいはい。

一発解決!YouTube様様である。

 

まあ、sobakoはこんなレベルのおばさんだ。

ゴルトベルクまでの道のりは、やっぱり長そうでしょ。笑

 

 

記事の検索はこちらから♪

sobakoからのお知らせ♪

■2021年11月27日■
ようやく、全ての記事のリダイレクトができるようになりました。
これで、はてなブログのアドレスからでもbloggerに飛んで来れるようになったので、ほっと一息です。

▼はてなブログの時にいただいたコメントは、上手くインポートができなかったものもあり、申し訳ないです…。

ドレミファ・バッハについて♪

ゴルトベルク変奏曲を弾けるようになるまでの記録(になるはず)☺︎

Twitterで更新のお知らせをしています。

ランキングに参加しています♪

ポチッと応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 クラシックブログへ

お気に入りの1枚♪

お気に入りの1枚♪
幼少のGlenn Gould

書いてるひと♪

自分の写真
45年ぶりにピアノレッスンを再開しました。 夢はバッハの『ゴルトベルク変奏曲』全曲制覇。 グレン・グールドをこよなく愛すピアノ2年生です。

sobako宛メッセージはこちらから♪

名前

メール *

メッセージ *

ドレミファ・バッハのアーカイブ♪

QooQ