遊びで弾く曲はやっぱり楽しい。

2020/04/05

ピアノな日々

この記事をシェアする
  • B!

ピアノ教室の課題をひと通り終えた後、シューマンの『子供の情景op.15見知らぬ国と人々について』を練習している。

とてもきれいな曲で大ハマりしているのだ。

それになんだろうね、課題ではないってところがリラックスして楽しめるっていうのかなあ、ちょっと違うんだよね気持ちが。

課題だと、「やらなくちゃ」とか、「うまく弾けるようにならないと」とか、少しプレッシャーがある。

課題であろうがなかろうが、弾けるようになりたいと願う気持ちは変わらないのだけどね、「次のレッスンまでに」という締切というか期限があるっていうのがプレッシャーになるのかなあ。

かと言って、元来怠け者の私に締切がなくなって、自由に練習となると、おそらく進みゃしない、亀より遅くなってしまうことは目に見えている。

やっぱり、ほどほどにプレッシャーがありつつ、ゆるく楽しむこともできる今の状態がイイね。

 

記事の検索はこちらから♪

sobakoからのお知らせ♪

■2021年11月27日■
ようやく、全ての記事のリダイレクトができるようになりました。
これで、はてなブログのアドレスからでもbloggerに飛んで来れるようになったので、ほっと一息です。

▼はてなブログの時にいただいたコメントは、上手くインポートができなかったものもあり、申し訳ないです…。

ドレミファ・バッハについて♪

ゴルトベルク変奏曲を弾けるようになるまでの記録(になるはず)☺︎

Twitterで更新のお知らせをしています。

ランキングに参加しています♪

ポチッと応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 クラシックブログへ

お気に入りの1枚♪

お気に入りの1枚♪
幼少のGlenn Gould

書いてるひと♪

自分の写真
45年ぶりにピアノレッスンを再開しました。 夢はバッハの『ゴルトベルク変奏曲』全曲制覇。 グレン・グールドをこよなく愛すピアノ2年生です。

sobako宛メッセージはこちらから♪

名前

メール *

メッセージ *

ドレミファ・バッハのアーカイブ♪

QooQ