弾かないと弾けなくなる。

2020/03/28

この記事をシェアする
  • B!

ピアノ教室で習っていた『ショパンのワルツ第3番』が”卒業”ではなく”永遠の課題”となってから早1ヶ月。

▼関連記事▼
[ ピアノレッスン7回目。1ヶ月ぶりは間が空きすぎ。 - ドレミファ・バッハ] 2020-02-25

先生の前で披露することはないけれど、1日1回は弾いて精進しようと思って実行していたのも最初の2週間くらいで、ついつい日々の課題練習に追われてしまう。

さっき、久しぶりに弾いてみたら、3ヶ月もかけて、あ〜〜〜んなに練習した?のに、さっぱり弾けない。泣

明らかに後退しているのだ。

全く身についていない。

もともと、”花丸”もらっての卒業ではないから、練習しなければ後退するばかりなのは目に見えているのに、バカな私。

せっかくちょっとは弾ける唯一のショパンだったのに!

 

しかし、ちょっと待て。

練習しないと弾けなくなるのは、みんな同じなのかな?

何曲も弾ける人は、日々何曲も練習している人なのか?

それとも、しっかり身につければ、ちょっとやそっとでは、忘れないのか?

それとも、アラ還おばさんだからすぐに忘れてしまうのか〜?

体で覚えたことは忘れないはずなのに、寄る年波には勝てないのか?

それなら、何曲もレパートリーを持つことなんか、無理じゃん?

どうすりゃいいの〜〜?!

 

記事の検索はこちらから♪

sobakoからのお知らせ♪

■2021年11月27日■
ようやく、全ての記事のリダイレクトができるようになりました。
これで、はてなブログのアドレスからでもbloggerに飛んで来れるようになったので、ほっと一息です。

▼はてなブログの時にいただいたコメントは、上手くインポートができなかったものもあり、申し訳ないです…。

ドレミファ・バッハについて♪

ゴルトベルク変奏曲を弾けるようになるまでの記録(になるはず)☺︎

Twitterで更新のお知らせをしています。

ランキングに参加しています♪

ポチッと応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 クラシックブログへ

お気に入りの1枚♪

お気に入りの1枚♪
幼少のGlenn Gould

書いてるひと♪

自分の写真
45年ぶりにピアノレッスンを再開しました。 夢はバッハの『ゴルトベルク変奏曲』全曲制覇。 グレン・グールドをこよなく愛すピアノ2年生です。

sobako宛メッセージはこちらから♪

名前

メール *

メッセージ *

ドレミファ・バッハのアーカイブ♪

QooQ