シューマンの『子供の情景』

2020/03/24

ピアノな日々

この記事をシェアする
  • B!

私の持っている楽譜の中にこんなのがある。


A、B、Cと3冊あって、

A : バイエル〜ソナチネ

B : ツェルニー30番程度〜

C : ツェルニー40番程度〜

と難易度別になっているので、弾いてみたいなーと思う曲に出会った時、この3冊の中にあれば、その曲の難易度がわかるので便利。

 

私の今年の目標である、

『弾ける曲を増やす!できれば暗譜で!』

のために、曲探しをしているのだが、ひとつ良さげなのを見つけた。

シューマン『子供の情景op.15 見知らぬ国と人々について』

子供の情景は、短い曲が全部で13曲あって、その中では7番目の『トロイメライ』が有名だ。

そして、この1番目の『見知らぬ国と人々について』も、どこかで聞いた馴染みのある優しい曲。

自分の好みの曲は1回聞いただけですんなり自分の中に入ってくる。

気に入った曲の楽譜はすぐ欲しくなっちゃって、今回も難易度調べる前にポチってしまった・笑

結果、グレードA に入っていたので、挑戦してみるよ。

ちなみに、『トロイメライ』はグレードBだった。

 

Wikipediaでも聴けるんだね↓

子供の情景 - wikipedia

 

記事の検索はこちらから♪

sobakoからのお知らせ♪

■2021年11月27日■
ようやく、全ての記事のリダイレクトができるようになりました。
これで、はてなブログのアドレスからでもbloggerに飛んで来れるようになったので、ほっと一息です。

▼はてなブログの時にいただいたコメントは、上手くインポートができなかったものもあり、申し訳ないです…。

ドレミファ・バッハについて♪

ゴルトベルク変奏曲を弾けるようになるまでの記録(になるはず)☺︎

Twitterで更新のお知らせをしています。

ランキングに参加しています♪

ポチッと応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 クラシックブログへ

お気に入りの1枚♪

お気に入りの1枚♪
幼少のGlenn Gould

書いてるひと♪

自分の写真
45年ぶりにピアノレッスンを再開しました。 夢はバッハの『ゴルトベルク変奏曲』全曲制覇。 グレン・グールドをこよなく愛すピアノ2年生です。

sobako宛メッセージはこちらから♪

名前

メール *

メッセージ *

ドレミファ・バッハのアーカイブ♪

QooQ