騒音と心地良い音。

2020/03/19

ピアノな日々

この記事をシェアする
  • B!

私はスーパーの食品レジでパートをして十数年が経つのだが、最近とても疲れるようになった。

原因はいろいろある。

年を取ったと言えばそれまでだけど、一番は騒音に耐えられなくなってきたこと。

私の働く店はモールも入っているまあまあ大きなスーパーで、当然、お客さんも多い。

雑踏の中、館内放送、館内音楽、クレジットカード勧誘のマイクを使った大声、そんな中でレジのお客さんとのやりとりも、必然大きな声となる。

最近は、新型コロナのせいで、従業員もお客さんもマスクをしているから、なおさら騒音の中ではコミニュケーションがしにくい。

音に疲れるのって私だけなのかなあと思っていたら、昼休憩の時に他のレジスタッフもそうだということがわかって、少しホッとした。

 

家でも、家人に怒られるけど、見ていないテレビはすぐ消してしまう。

家に帰ったら静か〜に過ごしたいから。

 

今日も疲れたなあと思いながら帰って来たのに、ピアノが弾きたくなって、上着を脱いでそのままピアノの前に座った。

ピアノの音はやっぱり心地良い。

私のヨタヨタ演奏でもなんとなく癒される。(自分だけね・笑)

これがもっと素敵な演奏が出来たら、もっともっと気持ち良いのだろうなあ。

そんな風になれるように、がんばろうっと。

 

記事の検索はこちらから♪

sobakoからのお知らせ♪

■2021年11月27日■
ようやく、全ての記事のリダイレクトができるようになりました。
これで、はてなブログのアドレスからでもbloggerに飛んで来れるようになったので、ほっと一息です。

▼はてなブログの時にいただいたコメントは、上手くインポートができなかったものもあり、申し訳ないです…。

ドレミファ・バッハについて♪

ゴルトベルク変奏曲を弾けるようになるまでの記録(になるはず)☺︎

Twitterで更新のお知らせをしています。

ランキングに参加しています♪

ポチッと応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 クラシックブログへ

お気に入りの1枚♪

お気に入りの1枚♪
幼少のGlenn Gould

書いてるひと♪

自分の写真
45年ぶりにピアノレッスンを再開しました。 夢はバッハの『ゴルトベルク変奏曲』全曲制覇。 グレン・グールドをこよなく愛すピアノ2年生です。

sobako宛メッセージはこちらから♪

名前

メール *

メッセージ *

ドレミファ・バッハのアーカイブ♪

QooQ