ピアノをネットで査定してみる

2020/03/15

あれやこれや グランドピアノ

この記事をシェアする
  • B!

投資信託の運用収益率が-12.7%っていうね、一体どこまで下がるんだ?と悲しみを通り越してぼう然としている今日この頃。

 

もし、グランドピアノを購入することになったら、今使っているアップライトピアノをどうするか考え中である。

音色はとても気に入っているし、かなり古い(と思われる)ので、値段もつかないだろうから、残しておこうかどうしようか。

とりあえず、ネットで一括査定をお願いしてみた。

すると、

A社:査定額は0円だが、無料で引き取ることはできる。

B社:査定額0円で、引き取りには運搬料金35000円がかかる。

C社:査定額2000円。運搬は無料。

D社:査定額5000円。運搬は無料。

E社:査定額5000円。運搬は無料。

という結果に。

 

最初はグランドとアップライトの入れ替え以外は考えていなかったのだけど、いくら小さくても、グランドなので、できれば広い部屋に置きたいなあという気持ちが最近ジワジワ湧いてきた。

うちで一番広い部屋はリビングダイニング。

広いと言っても24㎡程度しかないが、家具はソファとダイニングテーブルくらいなので、十分置くことは可能だけど、家族の許可は出ないだろうなあ。

テレビが見れない(聞こえない)じゃないか!だとか、弾く人が一人しかいないのに、ピアノが2台もあるってどうなの?とか。笑

しかも、うちのリビングは2階にあるから、搬入するのに余分にお金がかかるよなあ。

やっぱり、ここは大人しく、グランドを1階にある自室のアップライトと交代させるしかないかな。

まだ1年も使っていないアップライトだけど、結構、情が移るっていうかね、人生初のピアノでもあるしね、なくなっちゃうのが寂しいんだ。

 

記事の検索はこちらから♪

sobakoからのお知らせ♪

■2021年11月27日■
ようやく、全ての記事のリダイレクトができるようになりました。
これで、はてなブログのアドレスからでもbloggerに飛んで来れるようになったので、ほっと一息です。

▼はてなブログの時にいただいたコメントは、上手くインポートができなかったものもあり、申し訳ないです…。

ドレミファ・バッハについて♪

ゴルトベルク変奏曲を弾けるようになるまでの記録(になるはず)☺︎

Twitterで更新のお知らせをしています。

ランキングに参加しています♪

ポチッと応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 クラシックブログへ

お気に入りの1枚♪

お気に入りの1枚♪
幼少のGlenn Gould

書いてるひと♪

自分の写真
45年ぶりにピアノレッスンを再開しました。 夢はバッハの『ゴルトベルク変奏曲』全曲制覇。 グレン・グールドをこよなく愛すピアノ2年生です。

sobako宛メッセージはこちらから♪

名前

メール *

メッセージ *

ドレミファ・バッハのアーカイブ♪

QooQ