頭の中で理想の音を鳴らせたら。

2020/02/29

ピアノな日々

この記事をシェアする
  • B!

前にもお伝えしたが、私が今楽しみに読んでいるブログがある。

そのブログの中の、この記事↓にハッとした。

自分も教師 1955年 「ユール・ネヴァー・ノウ」 - ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

音楽的に弾けない・・・まず自分の理想サウンドがあるだろうか?そこを端折ってはいないだろうか?「いつか弾けてから」ではない。その理想サウンドが、その曲を弾かせているんじゃない?理想サウンドを確認せずに視覚的な譜読みを始めてない?

 

そうか〜。

そういうものなんだね、音楽って。

音学ではなく、音を楽しむ。

今はまだまだ”視覚的な譜読み”しかできない、いやそれすら怪しい自分だけど、他の人のピアノを聴いて、ああ、こんな風なのいいなあとかはあるので、まずはそれを理想サウンドとしてみるのも手かなと思う。

そうすればそのうち、自分の理想のサウンドを頭で鳴らせるようになるかもしれない。

 

 

記事の検索はこちらから♪

sobakoからのお知らせ♪

■2021年11月27日■
ようやく、全ての記事のリダイレクトができるようになりました。
これで、はてなブログのアドレスからでもbloggerに飛んで来れるようになったので、ほっと一息です。

▼はてなブログの時にいただいたコメントは、上手くインポートができなかったものもあり、申し訳ないです…。

ドレミファ・バッハについて♪

ゴルトベルク変奏曲を弾けるようになるまでの記録(になるはず)☺︎

Twitterで更新のお知らせをしています。

ランキングに参加しています♪

ポチッと応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 クラシックブログへ

お気に入りの1枚♪

お気に入りの1枚♪
幼少のGlenn Gould

書いてるひと♪

自分の写真
45年ぶりにピアノレッスンを再開しました。 夢はバッハの『ゴルトベルク変奏曲』全曲制覇。 グレン・グールドをこよなく愛すピアノ2年生です。

sobako宛メッセージはこちらから♪

名前

メール *

メッセージ *

ドレミファ・バッハのアーカイブ♪

QooQ