鬼の居ぬ間に練習をする。

2020/02/24

ピアノな日々

この記事をシェアする
  • B!

短時間パートの仕事だけど、一日中立ちっぱなし、喋りっぱなしのスーパーのレジ仕事は疲れる。

今日も仕事帰りに、疲れて練習する気になれないなあなんて思いながら玄関を開けると、「あら!姑さん留守じゃないの!やっぱり、練習しよっと!」と俄然やる気が出る私。

どうしても、すぐ隣の部屋で過ごす姑に気兼ねしながらのピアノ練習はつまらない。

姑がいない時には、ピアノの蓋も開けて伸び伸び練習できて気持ちが良いんだよね。

今まで、ピアノに対して文句を言われたわけではないけど、そこはやっぱり嫁姑の関係だからね、何年一緒に住もうが他人なので、遠慮の気持ちがなくなることはない。

鬼の居ぬ間に洗濯ならぬ、鬼の居ぬ間にピアノ練習。

まさに、このことわざがピッタリくるのである。

 

記事の検索はこちらから♪

sobakoからのお知らせ♪

■2021年11月27日■
ようやく、全ての記事のリダイレクトができるようになりました。
これで、はてなブログのアドレスからでもbloggerに飛んで来れるようになったので、ほっと一息です。

▼はてなブログの時にいただいたコメントは、上手くインポートができなかったものもあり、申し訳ないです…。

ドレミファ・バッハについて♪

ゴルトベルク変奏曲を弾けるようになるまでの記録(になるはず)☺︎

Twitterで更新のお知らせをしています。

ランキングに参加しています♪

ポチッと応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 クラシックブログへ

お気に入りの1枚♪

お気に入りの1枚♪
幼少のGlenn Gould

書いてるひと♪

自分の写真
45年ぶりにピアノレッスンを再開しました。 夢はバッハの『ゴルトベルク変奏曲』全曲制覇。 グレン・グールドをこよなく愛すピアノ2年生です。

sobako宛メッセージはこちらから♪

名前

メール *

メッセージ *

ドレミファ・バッハのアーカイブ♪

QooQ