練習方法を見直す。

2020/02/13

ピアノな日々 練習ノート

この記事をシェアする
  • B!

普通に天寿を全うすると考えるとしても、タイムリミットはあるわけで、なるべく早く自分の弾きたい曲にたどり着きたい私は、何かしら効率の良い練習方法はないだろうかと探してみた。

【究極の練習法】音大生が教える「譜読みと練習の極意4か条」

↑こちらのサイトを参考に自分の練習方法を見直してみた。

①自分版の楽譜を作る

 とりあえず、指番号を決めて書こう!(書いちゃって良いんだね〜)

②間違えないように弾く

 1度間違えたら10回の正解で補う。

③ゆっくり弾く

 間違えないで弾くためにゆっくり弾く。弾けるようになったらテンポをアップする。

④譜読みを習慣化する

 弾いてみたい曲の譜読みを毎朝10分やってみよう。

⑤練習は1日2回に分ける。(30分単位で5分休憩)

 1日あたりの総練習時間は1時間〜2時間。

 

いろんなサイトに書いてあったけれど、失敗体験ってよくないみたいね。

同じところで間違えるっていうのは、その失敗体験を体が覚えてしまっているからなのだそうで、それを直すのに使うエネルギーは半端ないらしい。

だから、ゆっくり練習が良いみたい。

練習時間もね、闇雲に長時間練習すれば良いかというとそれはダメで、練習したことを脳で整理する時間(=休憩)が必要なのだそう。

これ、勉強でもそうだよね。

夜寝る前に暗記ものをやって、朝、復習すると良いって、息子の受験の時に知ったっけ。寝ている間に脳にインプットされるんだよね。

 

よし。

がんばるよ。

 

 

 

記事の検索はこちらから♪

sobakoからのお知らせ♪

■2021年11月27日■
ようやく、全ての記事のリダイレクトができるようになりました。
これで、はてなブログのアドレスからでもbloggerに飛んで来れるようになったので、ほっと一息です。

▼はてなブログの時にいただいたコメントは、上手くインポートができなかったものもあり、申し訳ないです…。

ドレミファ・バッハについて♪

ゴルトベルク変奏曲を弾けるようになるまでの記録(になるはず)☺︎

Twitterで更新のお知らせをしています。

ランキングに参加しています♪

ポチッと応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 クラシックブログへ

お気に入りの1枚♪

お気に入りの1枚♪
幼少のGlenn Gould

書いてるひと♪

自分の写真
45年ぶりにピアノレッスンを再開しました。 夢はバッハの『ゴルトベルク変奏曲』全曲制覇。 グレン・グールドをこよなく愛すピアノ2年生です。

sobako宛メッセージはこちらから♪

名前

メール *

メッセージ *

ドレミファ・バッハのアーカイブ♪

QooQ