Dear Glenn, I’m happy to see you.

2020/02/12

グレン・グールド ピアノな日々

この記事をシェアする
  • B!

IT技術が進化すると、どんどん人間のオシゴトが減るから、誰にでもできる仕事の私なんて真っ先にお役御免になってしまうだろう。

それでも私の定年までは大丈夫かなあなんてちらっと思っていたけれど、この間ユニクロに行ったら、カゴを置いただけで合計金額がわかり、キャッシュレス支払いであっという間にレシートが出てきたよ。

コリャ定年まで安泰かどうかは怪しいね。

 

それでも、こんなの見つけると、ありがとう!A.I.!もっともっとがんばって!って応援体制に早変わりしちゃう。

"Dear Glenn -AIに関する取り組み-" www.yamaha.com

グレン・グールドは私が20歳の時に亡くなっているので、生音を聞くことはできない。

もし、生きていれば87歳、聴けないこともないけれど、早くにライブ活動はやめてしまっていたから、どのみちダメだったかもしれない。

なので、この企画を知った時、グレン・グールドのピアノを再現できるなんて!ととてもワクワクした。

実際に彼が弾いたことのない曲でさえ、彼の弾き方で聴くことができるのだよ?

なんて、素敵なの!

そのうち、グレン・グールドそっくりのアンドロイドが、あの低い椅子に座ってピアノを弾く姿が見られるかもしれないね。

 

記事の検索はこちらから♪

sobakoからのお知らせ♪

■2021年11月27日■
ようやく、全ての記事のリダイレクトができるようになりました。
これで、はてなブログのアドレスからでもbloggerに飛んで来れるようになったので、ほっと一息です。

▼はてなブログの時にいただいたコメントは、上手くインポートができなかったものもあり、申し訳ないです…。

ドレミファ・バッハについて♪

ゴルトベルク変奏曲を弾けるようになるまでの記録(になるはず)☺︎

Twitterで更新のお知らせをしています。

ランキングに参加しています♪

ポチッと応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 クラシックブログへ

お気に入りの1枚♪

お気に入りの1枚♪
幼少のGlenn Gould

書いてるひと♪

自分の写真
45年ぶりにピアノレッスンを再開しました。 夢はバッハの『ゴルトベルク変奏曲』全曲制覇。 グレン・グールドをこよなく愛すピアノ2年生です。

sobako宛メッセージはこちらから♪

名前

メール *

メッセージ *

ドレミファ・バッハのアーカイブ♪

QooQ